So-net無料ブログ作成
検索選択
前の4件 | -

音が良い環境 [オーディオ]

DSDをラズパイで聴けるようになったのは良いが、
いろいろと弄ってみて分かったことがある。
DSD5.6MHzのデータが大きいので、ネットワークをWifiにするとプチプチ切れる。
そろそろ、wifiを早いのに変える必要があるかな。
ただ変えたから大丈夫という保証はないし、このままLAN線使ったほうが良いのかもしれない。
あとUSB3.0の2.5インチSSDを買って試したけれど、
外付け3.5インチのHDDのほうが音が良い。
振動とかはSSDはないけれど、拙宅の場合オーディオ的にはHDDのほうが良いようだ。
HDDは隣の部屋に置いているので、振動などは気にならないので。

それから、ラズパイにUSB接続した場合も、DSD5.6MHzのデータで
鳴らした場合、結構音がプチプチと切れてしまう。
ラズパイはUSB2.0だから、この辺りがネックになっているのかもしれない。
というわけで、現在のところDSD5.6MHzは、LAN線接続で聴いている。

しかし、このDSD5.6MHzのデータで鳴らすとアナログに匹敵する
凄い良い音がしていると思う。

ラズパイでRuneAudioを動かす サインスマート HIFI DAC編 [オーディオ]

ラズパイでRuneAudioを動かしたのでメモ。

マイクロSDカードのconfig.txtをサクラエディタで編集。
サインスマート HIFI DACを使用しているので、
「hifiberry-dacplus」を選択する。

# Uncomment one of these lines to enable an audio interface
#device_tree_overlay=hifiberry-dac
device_tree_overlay=hifiberry-dacplus         <- 先頭の"#"を削除する
#device_tree_overlay=hifiberry-digi
#device_tree_overlay=hifiberry-amp
#device_tree_overlay=iqaudio-dac
#device_tree_overlay=iqaudio-dacplus

後は、RuneAudioにhttp接続し、DACの設定から
「hifiberry-dacplus」を選択するだけで鳴る。

DSDネイティブ再生 [オーディオ]

先日に続きオーディオねたです。
I2Sインターフェース からDACを経由してRCA出力するモジュールを入手。
SD05のアナログ入力に接続して音出ししてみた。
予想していた通り、アナログに匹敵するような音が出てきた。
これで取りためたDSDファイルで、アナログを気軽に聴ける。

一つ忘れては行けないので、メモ。
VolmioのDACの設定。
ここで、「Hifiberry DAC Plus」を選択すること。
これが違っていると、まったく音が出ないです。
デジタルはアナログと違って融通が利きませんからね。

ラズパイからSPDIF出力 [オーディオ]

久々にオーディオねたです。
知っている人は知っていると思いますが、
Raspberry piのGPIO出力からI2S信号を出力すれば、
鮮度が良い音を得ることができるそうです。

DSC_1411.jpg

拙宅では、このI2S信号からSPDIF経由で、SD05のデジタル入力へ直結。
これまでにない高音質を得られるようになりました。
後々は、I2S信号を触接DSD-DACに入れて、
それをマークレビンソンのML-1の入力へ入れる予定。
これまで貯めてきたDSD音源をこれまた高音質で聴けるようになるでしょう。
待ちに待ったDSDの時代がもうここまで来ました。

前の4件 | -