So-net無料ブログ作成

オーディオいろいろ [オーディオ]

トーンアームの調整は、ちびちびやっているが、
どのレーベルの盤も良い音でならすには、まだまだ時間が掛かる。
STEREO盤は、あるレーベルだと、まあまあ良い音になってきてはいるのだが、
MONOはまだまだ。

img201602_029.jpg

またLevinsonの23.5Lが故障した。以前は修理に7万ほど掛かったが、
今回は10万超えそう。
他のアンプも気になるところだが、23.5Lに変わるものって、そうそうないように思う。
Mundの29MEとか9.5辺り。9.5も大分古いので故障が心配なので29MEあたりが良いところか。
Ayreだとv-1x辺りかな。
ML1、ML7の音を活かしつつ、低域を鳴らそうとすると、この辺りなるかな。
Jeffは以前使ったことがあるので、今回は別のブランドを使ってみたい。
それからWilsonの中低域辺りにつなぎがイマイチなので、
マルチにして調整してみたい。
300Hz~500Hz辺りでWATTとPAPPYにそれぞれアンプを分けて鳴らすとどうなるか。
アッテネータ―を作るというのもあるが、マルチのほうが面白そうだし。
このあたりを消化しきった頃に、ビンテージスピーカを使おうかと。
こんなことを続けていれば、まだまだ十年以上は掛かりそう。

もう、欲をなくしていかねばならない歳というのに。
パワーアンプ2台に、プリをもう一台、それにチャネルデバイダー、クリーン電源に
トーレンスのターンテーブルとまだまだ物欲が...
頑張って働かねば。

そういえば、Wilsonの前に使っていたDYNAUDIOのスピーカがお店に出ていたので、
先日改めて聴かせて頂いた。
Wilsonに変えたころは、音が悪すぎてDYNAのスピーカのほうが相当良い音だったのだけれど、
今回改めて聴いてみたら、イマイチだった。
十年以上掛けて今の音を作ってきたのだけれど、その甲斐はあったみたいで、
他のスピーカに目移りしなくて済みそうである。

写真は、Kodak E100VSというフィルムで撮ったベイブリッジの朝焼け。
販売終了になってから冷蔵庫に保存していた最後の1本。
もうこのフィルムで写真を撮れないのかと思うと寂しい。

nice!(15)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 15

コメント 4

SEIBO

色合いの良い写真ですね!この雰囲気はやっぱりデジタルだと出ないかも知れませんね。特にプリントにすると差が出てしまうような気がします。
古いアンプは故障するので大変ですね。僕の300Bも修理中ですが、製作者の方によるとコンデンサーの寿命は10年から15年くらいと言うですから恐ろしい!!幸いこちらは部品代だけで修理してもらえるのでなんとか維持できますが、そうでなければ今頃デジタルアンプで聞いていることでしょう?
by SEIBO (2016-02-19 18:38) 

ハンコック

SEIBOさん こんばんは。
ポジフィルムもたまに使うと楽しいですね。
VELVIAとはまた違った、独特の色ですけれど、
これがまた面白いんですよね。
このフィルムは、登山した時に雲上で使いたかったですが、
残念ながら、もうストックがなくなってしまいました。
ヤフオクで期限切れの安いのを手に入れることができたら、
また使ってみたいです。

コンデンサは、空にすると直ぐダメになると言いますけれど、
コンデンサー自体が寿命を迎えてしまうと、
交換するしかないのでしょうね。
結局は、オーディオは金食い虫ですね...
一つのアンプに心血を注がれてらっしゃる方々には、
頭が下がります。
SD05が壊れたときが怖いです。
あれだけは、目が黒いうちは壊れないで欲しいです。

by ハンコック (2016-02-19 21:16) 

老年蛇銘多親父(HM-Oyaji)

ベイブリッジの朝焼け

色合いが本当に美しいですね。
 
おそらく実物になかったと思われる、幻想的な雰囲気が感じられます。
by 老年蛇銘多親父(HM-Oyaji) (2016-02-28 09:08) 

ハンコック

老年蛇銘多親父さん こんばんは。
実際の見た目とは異なりますが、フィルムの深い色合いには
独特の魅力があり、これに嵌ってしまいました。
それで、たまにフィルムを持ち出しては撮影しております。
季節や天気、時刻、フィルムやレンズの種類、
どこで撮影したかなどで色味が異なりますので、
現像するまでどのような色味になるか想像ができませんが、
そのようなところがワクワクします。
JAZZにおけるジャムセッションのようで、
これがフィルムの魅力なのかなと思ったりします。

by ハンコック (2016-02-28 17:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0