So-net無料ブログ作成

PCトラポ環境の違い [オーディオ]

昨今のPCトラポブーム?で、CDプレーヤを手放されている方が
結構いらっしゃると思うが、拙宅ではこんな感じ。
Mark Levinsonの390SLというCDプレーヤを使っているが、
これとラズベリーパイの組み合わせの音が結構良いので、手放せなくなっている。
拙宅でできるPCトラポ環境は、主に以下の2パターン。

(1)ラズベリーパイ→SD05(デジタル入力)
 ラズベリーパイからデジタルケーブルでSD05に直結。
 そのままSD05からSPで音が出るので、完全デジタル環境。
 鮮度の高い凄い解像度の音が出ている気がしている。
 音場が凄く広い。

(2)ラズベリーパイ→Mark Levinson 390SL→ML-1→SD05(アナログ入力)
 ラズベリーパイで取り出した鮮度の高いデジタル信号を
 レビンソンの390SLに入れ、390SLのD/Aコンバーターでアナログに変換。
 さらにML1の音色を載せてあげるとピアノの音色や質感、
 ボーカルに艶が載っていい具合。
 若干音像が大きくなるかな。
 JAZZを聴くなら、間違いなくこっちかな。
 Milesのペットなんか、390SLのみで鳴らしていた時よりも、
 ミュートでの演奏で、大分ニュアンスが伝わってくるようになる。

L1045674.jpg

というわけで、390SLをお使いの方、ラズベリーパイと390SLの組み合わせを
是非試してみて下さい。

nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。