So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年04月| 2017年05月 |- ブログトップ

音が良い環境 [オーディオ]

DSDをラズパイで聴けるようになったのは良いが、
いろいろと弄ってみて分かったことがある。
DSD5.6MHzのデータが大きいので、ネットワークをWifiにするとプチプチ切れる。
そろそろ、wifiを早いのに変える必要があるかな。
ただ変えたから大丈夫という保証はないし、このままLAN線使ったほうが良いのかもしれない。
あとUSB3.0の2.5インチSSDを買って試したけれど、
外付け3.5インチのHDDのほうが音が良い。
振動とかはSSDはないけれど、拙宅の場合オーディオ的にはHDDのほうが良いようだ。
HDDは隣の部屋に置いているので、振動などは気にならないので。

それから、ラズパイにUSB接続した場合も、DSD5.6MHzのデータで
鳴らした場合、結構音がプチプチと切れてしまう。
ラズパイはUSB2.0だから、この辺りがネックになっているのかもしれない。
というわけで、現在のところDSD5.6MHzは、LAN線接続で聴いている。

しかし、このDSD5.6MHzのデータで鳴らすとアナログに匹敵する
凄い良い音がしていると思う。

ラズパイでRuneAudioを動かす サインスマート HIFI DAC編 [オーディオ]

ラズパイでRuneAudioを動かしたのでメモ。

マイクロSDカードのconfig.txtをサクラエディタで編集。
サインスマート HIFI DACを使用しているので、
「hifiberry-dacplus」を選択する。

# Uncomment one of these lines to enable an audio interface
#device_tree_overlay=hifiberry-dac
device_tree_overlay=hifiberry-dacplus         <- 先頭の"#"を削除する
#device_tree_overlay=hifiberry-digi
#device_tree_overlay=hifiberry-amp
#device_tree_overlay=iqaudio-dac
#device_tree_overlay=iqaudio-dacplus

後は、RuneAudioにhttp接続し、DACの設定から
「hifiberry-dacplus」を選択するだけで鳴る。

DSDネイティブ再生 [オーディオ]

先日に続きオーディオねたです。
I2Sインターフェース からDACを経由してRCA出力するモジュールを入手。
SD05のアナログ入力に接続して音出ししてみた。
予想していた通り、アナログに匹敵するような音が出てきた。
これで取りためたDSDファイルで、アナログを気軽に聴ける。

一つ忘れては行けないので、メモ。
VolmioのDACの設定。
ここで、「Hifiberry DAC Plus」を選択すること。
これが違っていると、まったく音が出ないです。
デジタルはアナログと違って融通が利きませんからね。

ラズパイからSPDIF出力 [オーディオ]

久々にオーディオねたです。
知っている人は知っていると思いますが、
Raspberry piのGPIO出力からI2S信号を出力すれば、
鮮度が良い音を得ることができるそうです。

DSC_1411.jpg

拙宅では、このI2S信号からSPDIF経由で、SD05のデジタル入力へ直結。
これまでにない高音質を得られるようになりました。
後々は、I2S信号を触接DSD-DACに入れて、
それをマークレビンソンのML-1の入力へ入れる予定。
これまで貯めてきたDSD音源をこれまた高音質で聴けるようになるでしょう。
待ちに待ったDSDの時代がもうここまで来ました。

sambaのインストール手順メモ [オーディオ]

ubuntuにsambaをインストールして動かす手順。
これでDSDのデータの入った3TBのハードディスクもNASで認識できる。
忘れないようにメモ。

DSC_1393.jpg

$ tar zxvf samba-3.6.3.tar.gz
$ cd samba-3.6.3/source3
$ ./configure
$ make
$ sudo make install
$ sudo vi /etc/ld.so.conf.d/local.conf
/usr/local/samba/lib ← 追加
$ sudo ldconfig
$ ldconfig -p | grep samba

$ sudo vi /usr/local/samba/lib/smb.conf

[global]
server string = Moode SMB Server
security = USER
map to guest = Bad User
guest account = root
log level = 0
syslog = 0
load printers = No
printcap name = /dev/null
disable spoolss = Yes
preferred master = No
local master = No
domain master = No
dns proxy = No
create mask = 0775
directory mask = 0775
printing = bsd

[DSD]
comment = USB storage
path = /media/DSD
read only = No
guest ok = Yes
follow symlinks = Yes

$ /usr/local/samba/bin/testparm

$ sudo /usr/local/samba/sbin/smbd
$ sudo /usr/local/samba/sbin/nmbd

以上で出来上がり。

オーディオ道場 [オーディオ]

熊本の震災のあった益城町のすぐ近くに、
オーディオ道場はあります。
今回、機会があって行ってきました。

L1045115.jpg

中央が、噴煙をあげる阿蘇中岳。
この景色を眺めながら、車で暫く走ったところに道場はあります。

オーディオ道場も震度7の震災を受けて、
いくつかの建物は傾いていました。
それでもオーナーは日々修復を行われています。
私が伺った日は、ちょうど復興1年目という区切りの日でした。

L1045119-2.jpg

バイタボックスを真空管で聴いてきました。
勿論アナログです。

L1045121.jpg
トーレンスの凄いプレーヤーで鳴らして頂きました。

あの広大な空間でしか鳴らせない音。
とても貴重な体験をさせて頂きました。
どうも、ありがとうございました。


2017年04月|2017年05月 |- ブログトップ