So-net無料ブログ作成
検索選択

エルマー [カメラ]

所有しているニッケルエルマー。
ショートエルマーともいうようだが。
曇りがあるが、メンテに出さずじまい。
M3ブラックにつけると黒いバルナックのような感じで、
ニッケルエルマー特融の色とM3の黒が良い塩梅なのである。

DSC_0627-2.jpg

鏡胴裏の番号が本当は1~3のものが古くて良いようだけれど、
ヤフオクで1だと思って落札したら、なんと4のだったのだ。騙されたんだと思う。
友人もヤフオクの写真を見てくれて、間違いなく1だったので落札したのだけれど。
まあ、しかし、4もなかなか人気で写りも良いほうなので、手放さずに持っている。
M3にはいつもsummicron 50mmの第2世代と言われる沈胴の次の次のモデルを
付けているが、先日久しぶりにこのエルマーで撮ってみた。
写真を現像して見たら、曇りが結構あり、ズマールで撮ったようになってて、
そろそろメンテに出そうかと。

ヤフオクは難しい。皆さんもお気をつけて。

M3 Black 復活 [カメラ]

銀座にある修理屋さんに入院していたM3 Blackが、完璧な状態で戻ってきた!
下手すればM3のファインダー丸ごと移植する事態になっていたのだが、
なんとかプリズムの一つを交換するだけで済んだ。
これで、M3 Blackにファインダーを移植するため、身代わりとして買ってしまった
M3シルバーも今後使うことができる。
ただでさえ少なくなっている貴重なカメラをパーツ取りのために
オジャンにするのは忍びないからね。

L1031256-4.jpg

ファインダーが見辛くなって修理に持って行った日に、
カメラの中をしっかりと見て頂き、おおよその悪い部分と治し方や価格について、
説明をして頂いていたので、安心して預けることができた。
今後も難しいトラブルは、間違いなくこの修理屋さんに出します。

今度の連休は、このカメラを引っ提げて旅にでも出たいところ。

M3入院 [カメラ]

先日、M3が入院となった。
ファインダー内の二重枠が薄くて、
ピントを合わせにくくなっていた。
二重枠が薄くなったのは、基本的にはパーツがなく、
修理できないので、諦めるしかない。と中古カメラ屋さんは良く言うのであるが...
それでも、薄くなる原因によっては何とかなることもある。
ネットであれこれ検索して、4件ほど修理してくれそうなところを見つけた。
修理屋さんのポリシーや価格もいろいろ。
安価で腕の良いところにお願いできれば、
それにこしたことはないのだが...

L1029243-3.jpg

数件のうち2件の修理屋さんに持っていき、
見てもらい見積をしてもらった。
1件目は名の知れた大きなところ。
見てもらうな否や、プリズムが割れているとのこと。
これは、うちの店では治せないとのこと。
ハーフミラーの交換やプリズムの再生できるといううたい文句に期待してたんですがね...
特にM3を開けてみてくれた訳ではないんだけれど、分かるんですね~。
「えええ?」「マジ?!」
M3を当てたり落としたりした記憶は全くない。買ったときから割れたか?とか思ったりした。
これを下取りに出して、うちのお店にあるそれなりの程度の良いものを
買ってもらうのがおススメとのこと。
自分のM3はこの先もずっと使いたい愛着のあるカメラ。
ブラックの塗りの感じも他にはなく気に入って買ったもので、
死ぬまで使うつもりなんだが。
こういうこといわれるとテンションが下がるんだよね。

というわけで、諦めて2件目のお店へ。
こちらは、持って行ったらすぐにM3を開けて状態を見てくれた。
このお店は、お店に行く前に電話で聞いたときにも
親切丁寧な対応をしてくれたので、期待していたんだよね。
M3のファインダーの各部名所とかちっとも分からないが、
その場でいろいろと説明を聞けて良く分かった。
コストのことも心配してくれて、その中で
それでできる限りやってくれるとのこと。
確かに割れているところもあったが、パーツの交換ができそう。
あといろいろなミラーが曇ってるみたい。
それを掃除すれば復活してくれそうな感じ。
まあ、やってみないと分からないが、
復活に期待しよう。

というわけで、2件目のお店にお願いすることにした。
2件目のお店は銀座にあるお店です。
こういうお店は、末永く続いてほしいと心底思ったのであった。

My旅カメラ [カメラ]

久しぶりに、家でボーとしながらChet Bakerを聴いてる。
Chet Bakerのトランペットは無茶苦茶好きだが、ボーカルはあんまり好きじゃない。
昔は、白人というだけで苦手だったのに、今は聴くようになった。なんだかなあ。
全曲トランペットをやってるアルバムを見つけるのは面倒なんだが、
集めてみたいところ。

L1027797-2.jpg

これは、だいぶ前に買ったContax TVS。
もう一台のMy旅カメラ。
ちっちゃくて、お気楽なカメラなんだけど、
当時は、高級コンパクトカメラというジャンルで17万もしたそうだ。
自分はヤフオクで4000円くらいで入手した。
バリオ・ゾナーの28mm/F3.5~56mm/F6.5というズームレンズが付いたやつ。
昔は、バリオ・ゾナーと言えば、泣く子も黙る凄いレンズだったみたいだが、
今はソニーのコンパクトデジカメに付いてて、
お気楽レンズという感が否めない...

この前、これにモノクロフィルムを詰めてプチ旅をしてみた。
旅先では、観光したり美味しいものを食べたりもするし、
バリバリ写真を撮るわけでもないので、
このくらいのカメラに数本のフィルムで、スローな感じで十分楽しめる気がする。
まだ現像してないんだけれど、どんなのが撮れてるか楽しみ。

値上げ [カメラ]

今回の値上げは、マジでキツイ。
長巻、2,3回我慢すればカメラが買えちゃう。

L1023416.jpg

値上げ前になんとかストック出来たフィルム達。大事に使わせてもらいます。


初?現像。 [カメラ]

初といっても正確には一度失敗してるから2度目となるが、
師匠にいろいろと教えてもらい、なんとか現像できた。

img909.jpg

img917.jpg

デジカメだと色とかいろいろ考えて、収拾つかなくなるので、
モノクロフィルムで、ゆるい感じで撮るのもいいかな。
ただ、モノクロは、写りはビシッとしている気がする。

img922.jpg

img918.jpg

img924.jpg

img925.jpg

現像より引き伸ばしのほうが個人的には熱中できそうだが、
インフラを整えるのが大変そうである...

nice!(8)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

4か月ぶりに現像をして。 [カメラ]

眠っていたモノクロのネガを
友人に現像してもらいました。

写真の内容は兎も角として、いい感じに現像して頂けました。
ありがとうございました!

こちらは、6月に箱根に行ったときの写真です。

img820.jpg

img823.jpg

img824.jpg

img825.jpg

img826.jpg

img827.jpg


こちらも6月、元町とか馬車道をブラブラしたときのです。

img832.jpg

img833.jpg

img834.jpg

img835.jpg

img837.jpg

img840.jpg

img845.jpg

img847.jpg

img850.jpg

img855.jpg

引き伸ばしもやって頂けました。
引き伸ばしは、没頭できて心休まりますね!
また、遊びに行きますね!

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

今秋の物欲 [カメラ]

カメラにレコードと欲しいものが増えてくる今ですが...
独身生活から、家族生活へと若干シフトしつつある今日この頃なので我慢を覚えなければならないのだが、
欲しいものは、どうしても欲しい。
そんなこんなで、カメラで今欲しいものを整理してみた。

L1003876.jpg

前回のボーナス前は、こんなものが欲しかった。
結局、Nikon Nikkor 85mm F1.4Dというすっごいごっついレンズから、
別にカメラとまたレンズまで買ってしまった。
http://watt3pappy2.blog.so-net.ne.jp/2013-04-06

ポートレートは、これで満足しちゃってましたが、
風景とかスナップとか遊べるのが欲しい。

というわけで、今のレンズとかもろもろを考えると、これがいいかな。

■FUJIFILM X-E1
http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/x/fujifilm_x_e1/

後継のX-E2が発売され、値下がりしていると思われ。
なんと言っても、ライカレンズとかツァイスレンズとかを使えるのが素晴らしい。

相方と旅行に行く機会が増えた昨今では、こんな小型のカメラを持っていても
いいのかなと思う今日この頃です。
18-55 F2.8の標準ズームレンズとか、標準レンズの割には使えそうな感じ。

■カールツァイス ビオゴン 28mm F2.8
フィルムカメラにコンパクトカメラに使えそうな広角レンズ。
まあ、特殊なものなので、欲しい方はそうそういないと思いますが、
自分は、今一番欲しいかな。

■Leica Elmarit 28mm F2.8 ASPH
昔のElmaritを欲しがる人が多い中、自分はシャープな現行モデルが欲しい。
ツァイスとLeicaと悩むところだが、今のところツァイスのほうが欲しいなあ。

今のところはこんな感じ。

nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

レンズ試し撮り [カメラ]

このところ、金欠にも関わらずレンズが欲しくて堪らない。

D800、D600がリリースされてD700ユーザが減るかと思ったら、逆にD700は売れているそうで、中古は品薄状態。
D700ユーザとしては嬉しい限りだ。

というわけで、D700の性能を発揮できるレンズが気になって仕方が無い。
以前から気になっているレンズで、この機関車みたいな無骨なボディに似合うのが欲しいなと。

そこでカメラ屋にお邪魔して、手が届きそうで気になっているレンズを、あれやこれやと触らせて貰った。
そこで、忘れないうちにあれこれ触った感想を、メモしておこうと思う。勿論の個人的な趣味が入っており参考にはならないし、無論ド素人のメモに過ぎないので、悪しからず。

しかし、欲しいレンズを全て試せる東京って、なんて素晴らしいところであろうか!

DSC04060.jpg

まずこちら。

Carl Zeiss Makro-Planar 50mm F1.4
開放に近いところでの、ソフトなボケの中にも、ピントの合った部分の切れ込みが極めて鋭い。この部分がグッと浮き上がってくる感じは鳥肌ものだ。
また絞ったときの遠景描写は、マクロながらも、かなりシャープな出来栄え。これならスナップからマクロまで、幅広く楽しめそうである。
難癖をつけるとするならば、接写が苦手な事くらいかな。マクロン90mmに慣れているものとしては、花などの被写体を大きく描写できないのはいたい。
そこで、100mmも試してみた。


Carl Zeiss Makro-Planar 100mm F2
こちらは50mmより深い色を出してきますね。50mmとはだいぶ表現が違うようだ。
被写体は大きくなったものの接写はダメ。まあ、仕方ない。
とはいってもスナップでは幅広く使える良いレンズなのは間違いない。
50mmと100mmどちらか悩むとこだな。
色的には100mm!深みがあるので、ニュートラルあたりで、レンズの味を出したあげたいところ。


Nikon Nikkor 85mm F1.4D
スナップ用としてカナリ気になるレンズだ。
絞ったときの描写は、?って感じだか、開放の描写は凄い!
スカッと抜け被写体の描写がビシッときまる。かつ深みのある色を、出してくる。D700との相性抜群で、フィルムっぽい味があるかな。
Planarと8514Dなら、間違いなく8514Dを取るな!
8514Gもあるが、あちらはもっとヌケやボケが良いらしい。あの丸みを帯びたダサいレンズを着ける気にはならないが・・・
それに比べて8514Dの面構えは、D700に合ってるな。あのゴツゴツした感じは機関車にピッタリだ。

あとまだ、
Voigtlander ULTRON 40mm F2
Voigtlander NOKTON 58mm F1.4
Sigma 85mm F1.4 EX DG HSM
が気になるが、時間がなかったのでまた別の機会に触らせてもらおう。


おまけで、ライカのレンズもあったので、遊ばせてもらった。気になると言えば、気になる。因みに、ライカは、現在M9がバカ売れらしい。

Carl Zeiss Biogon 21mm F2.8
これは思いのほか端正な色の印象を受けた。
あと、このレンズは慣れるまでに時間が掛かりそう。扱い(撮り方)が難しい。
何時もLeica使ってる訳ではないからなあ。


Leica Summarit 50mm F2.5
今日1番しっくりきたレンズ。
一般的には派手かもしれないが、個人的には好きなんだよな。写した瞬間に、これだ!と思った。


道具ばかりの取っ替え引っ替えでは、オーディオ同様上達は程遠いであろう。

物欲は永遠に続く・・・

物欲 [カメラ]

ボーナス前だけあって、もう物欲が凄いんです。
最近カメラが欲しくて...

現在、カメラはNikon D700、SONY α100、Leica M-4を所有している。
D700は、レンズはいいやつばかり買ってたから手放せなくなっちゃった。
α100は、入門用にもかかわらずプロも使っているから。これは名機だと思う。
M-4は、フィルムも使いたいし、写りが見た目に近いから。

引かれるのはやっぱりSONYかな。
発色が好みかもしれない。
あとカメラは、何か尖がっているものが良いかなとも思う。
OLYMPUSだとE-3とか好きでしたね。
ある意味α100も尖がっている部類なのかもしれない。

今欲しいのも尖ったやつかなと。
D800E.jpg
ますNikonのE800Eは欲しい。ローパス フィルターを思い切って取っ払ったこのカメラも
今は30万を切った。当初から品薄状態が続くほど売れてる。
3630万画と画総数がかなり多いため、使うとなると三脚メインとなる。
ここまでして使いたいかどうかだが、風景や夜景メインで使う機会が多いので、これは是非所有しておきたいのである。レンズもそろってるし。
これなら桜や紅葉といった解像度が必要な写真もうまく写してくれるだろう。

一方D600もリリースされた。
D600.jpg
使ってみたが、D700に比べても大分軽く、自分にはグリップ感がとても合ってた。
それにD800に比べて諧調やダイナミックレンジはD600のほうが上だと見ている。
これにはいろんなサンプルや雑誌の写真で比べてみた。
それから高感度のノイズもD600のほうが上である。
夕刻や夜景を写す機会が多いので、このあたりを考えるとあえてD600を選ぶほうが賢いかもしれない。
2400万画素だがD700の2倍もの画素数があり、昨年までのフラッグシップのスペックなのだ。
パソコンのモニタが1670万画素だから、これ以上の画素数にしてどうするんだという思いもあるが...

この秋やっとSONYからフルサイズ機がでた。α99である。
23.jpg
SONYにはα900というフラッグシップ機があるが、高感度はぜんぜんであった。
高感度が課題だったSONYのフルサイズに、やっと機種が増えたのである。
ネット上ではいまいちの評価のようであるが、α99のサンプルをいくつか見て個人的には印象は良い。
これはSONYの発色が好みに合っているからだと思うが、広角で撮影した紅葉は、
赤や緑にメリハリがあり、コントラスト高めの感じを受ける。
ツァイスのレンズを使って写していることもあるだろうが、コントラスト高めの感じながらも赤み掛かった葉の色も
つぶれずにうまく出てた。
このあたりの写りのポリシには一貫性を感じるし、見ていて気持ちがいい写真。
他社のものは全体的にのっぺりして見えるのである。

それからSONYから出たので気になるのがこれ。
RX1。
003.jpg001.jpg
なんとFXでF2.0というツァイスの短焦点付きなのである。しかも2430万画素という。
値段が25万と誰が買うんだろうと思う人もいるだろうが、自分はこういうのが欲しい。
山に登るためだけに買いたい!
カメラを軽くしたぶん、Gitzoのゴッツイ三脚を持っていける。

う~ん、どれ買おうかな。