So-net無料ブログ作成
検索選択
DONALD BYRD ブログトップ

ブーガルーの10年前に [DONALD BYRD]

ちょくちょくテナーを聴いてますが、実はこの人のアルトが一番すきなのかもしれません。
この人のバラードときたら、お洒落で沁みるのですよ。
聴衆がシーンと聴き入ってしまうこと間違いなしですよね。
Alligator Boogalooでこの人を知ったのは12,3年前ですかね。スイングジャーナルで紹介されていたのがきっかけで聴いていました。
実は、ブーガルーをBLUE NOTEに吹き込む随分と前に、チャーリー・パーカー直系のルーは、数多くのハードバップをBLUE NOTEに吹き込んでいたのでした。
これを知ったのはBLUE NOTEを全般的に聴くようになってからでした。
BLUE NOTEの録音は、1950年代前半から1960年代後半まで長きに渡っていて、かつ演奏スタイルの試行錯誤を繰り返していたJAZZ黄金期と重なっているため、その演奏スタイルも多岐に渡っています。
なので、Alligator Boogalooを吹き込んだ1967年と、このWailing with Louを吹き込んだ1957年では、
10年の隔たりがあるわけで、内容や演奏スタイルも随分と異なってますね。
もちろん昨今の耳では、Wailing with Louのほうが好みなわけですが...

RIMG0921.jpg

このWailing with Louは、BLUE NOTEではQuartet,Quintet,Sextetにつづく2枚目ですかね。
ラベルもNEW YORK23です。
ミゾ有のフラットなんですが、ジャケットはおしくも額縁なしです。このところ額縁ありは見たことないですね。
というわけで、音はと言えば文句のつけようはないのですが。
やっと今年も仕事収め。来年までJazz三昧の日々かな。

RIMG0923.jpg

DONALD BYRD / OFF TO THE RACES [DONALD BYRD]

昨日、会社の帰りに展示されているベンツをみて思い出した。
エンブレムが大きくなったな。

image-20120417194137.png

そういえば、DONALD BYRDは車好きだったそうだ。
これ以外にも車のジャケットが何枚かある。
特にこの盤のベンツのエンブレムが、昨日見たのに近い大きさだったのが印象的だった。
http://www.yanase.co.jp/sp/newcar/mercedes-benz/c-class/

image-20120417194155.png

裏面が[レジスタードトレードマーク]付き。なので完オリではないが、音は間違いなくオリジナル。

DONALD BYRD ブログトップ