So-net無料ブログ作成
FREDDIE HUBBARD ブログトップ

FREDDIE HUBBARD / GOIN 'UP! [FREDDIE HUBBARD]

オンプで聴いていたが、遂に完オリを入手した。
サイドメンとしてのHANK NOBLEYのBLUE NOTE名盤だ。

image-20120320145457.png

サイドメンとしての名盤には、言わずと知れたDONALD BYRDのBYRD IN FLIGHTがある。最近では更に価格が上昇し、手に入れるのが一段と困難になっているようだ。あの迫力はただものではい。BLUE NOTEの中でも極めて音が良いこと!を知れば、必ず手に入れたくなる盤だし、JAZZファンが手放さないのも無理はない。
しかも、EMIのRUDY VAN GELDER EDITIONの輸入盤は、リリースされていないようだ。入手できるのは、connoisseur cd seriesくらい。
なので、オリジナルの需要は今なお高まるばかり。ここ数年で、一段と高騰してきている。
自分がオリジナルを見つけたときは、数時間に三人が取り置きの連絡をした次第。タッチの差でGETできたのだが。
こんな陰の攻防戦が、連日中古レコードショップやオークション、Webショッピングなどで、繰り広げられているのである。

そして、もう一枚あげるのがこれ!
どうしても所有したい一枚!
FREDDIE HUBBARDのGOIN 'UP!

image-20120320145524.png

フィリージョーのドラムから、圧倒される一枚。音良いです!
聴いた人は、あっ!音が良い!と、反射してしまうはず。
BYRD IN FLIGHTのMOBLEYに反応する人なら、これにも反応するはず。
CDでは、MORE1100や東芝盤が出ているが、EMIのVAN GELDER EDITION輸入盤は出てない。それゆえに、オリジナルの価格が高騰するのも無理はなかろう。



内容は、A面、B面共にかなり良い!一曲目から、脳天直撃。B面もかなり良いので、オススメ。
freddie Hubbardとしては、BLUE NOTE二枚目となるこのアルバム。誰もが知っている一曲目から、Freddieの伸びのあるペットが響き渡る。そこに負けじとMobleyが続く。この僅か数日後に、ROLL CALLを吹き込むMobleyには、随所にROLL CALLを彷彿させるフレーズが現れている。BLUE NOTEに日の浅いMCCOY TYNERには、ファンキー時代から今日に見られるMCCOY節は、あまり見られない。その為、ハードバップの色が強く感じられ、当時のMobleyの演奏が引き立っている。
ハードバップ全盛期の、絶対におすすめの逸品!

FREDDIE HUBBARDとWYNTON KELLYの一枚 [FREDDIE HUBBARD]

先日のROLL CALLは、FREDDIE HUBBARDとWYNTON KELLYで演奏していたこともあり、この組み合わせで録音された盤を探してみたのだが、あまり見つからなかった。
自分のデータベースが小さいから・・・

FREDDIE HUBBARDは、CIDER WALTONやMcCOY TYNERとの録音を多い。
これは、ハードバップからモード、ファンキーJAZZへと時代がシフトしていたこと、新主流派と呼ばれるHUBBARDはWYNTON KELLYとはやはり世代が違うことを物語っているのであろうか。
これは、HUBBARDとWYNTON KELLYの録音が残されている名盤だ。

image-20120414075110.png

テナーがリーダーのアルバムだが、HUBBARDの活躍もなかなかいい出来。

image-20120414075131.png

CDもでました。
http://blog-shinjuku-jazz.diskunion.net/Entry/8939/
FREDDIE HUBBARD ブログトップ