So-net無料ブログ作成
CLIFF JORDAN ブログトップ

J.J. JOHNSON / J.J. INC. [CLIFF JORDAN]

かなり前から探していたオリジナル。

L1004111.JPG

Cliff Jordanの演奏が好きですね。
ピアノがCedar Waltonというのも好きな理由かな。
この両者の演奏は聴き応えがあります。
トランペットは、Freddy Hubbard。
Albert Heathのドラムが、演奏を締めてスリリングにしてくれるので、
これもまた好きですね。

Paul Chambersのリーダー作 [CLIFF JORDAN]

BLUE NOTEのPaul Chambersのリーダー作のうちで、サイドメンのソロをふんだんに盛り込んだ本作が一番好きな盤です。
Paul Chambersのリーダー作とはいえ、CLIFF JORDAN、DONALD BYRD、TOMMY FLANAGAN、ELVIN JONESといったものすごいメンツでの演奏のため、どのソロも良いですね。
他の盤は、ベースばかりでちょっと退屈してしまうのですが、この盤はPaul Chambersリーダーといっても、ちょっと異色で退屈しませんね。

RIMG0912.jpg

A面は、1曲目のBYRDのソロはめちゃくちゃ好きですね。
2曲目はJORDANのソロが好きですね。
B面は、なんといっても2曲目のWhat's Newですかね。1曲目と3曲目もテンポ良く聴き応えはあるかなと。

RIMG0917.jpg

前後BLP1563,BLP1565はNEW YORK23でオリジナルですが、この盤はW63でオリジナルですね。
この盤はベースの聴き応えがありますが、ミゾ有のほうがかなりベースが締まって聴こえる気がしますし、
JORDANのテナーもヌケが良く聴こえる気がします。
その分、他の楽器との音分離が良いのかなと思ったりします。

そういえば大晦日の廃盤セールの画像がUPされましたね。
高額盤で狙ってたのが出てます。
週末のBLUE NOTEセールの時に、この盤についてはオリジナルだからといって、
そんなにびっくりするほど音は良くないよと、ありがたいコメントを頂き安心していたのですが。
やっぱり画像を見ると、熱くなってしまいます...
駄目ですね...

CEDAR WALTON NAIMA [CLIFF JORDAN]

NAIMAといえば、COLTRANEだが。
RIMG0599.jpg
このCLIFF JORDANを聴いて、買ってしまった。
勿論CEDAR WALTONを聴きたかったのは言うまでもないが。
このCDを聴くと、正真正銘のJAZZ真っ只中を、真っ直ぐ突き進んで、
ここまで来たんだなあと思った。
RIMG0600.jpg
このCDは既に廃盤か、もう直ぐ廃盤ですよね。

CLIFF JORDAN ブログトップ