So-net無料ブログ作成
検索選択

Round about midnight [1956年]

Doug WatkinsとKenny Dorhamのコンボを聴いたAlfred Lionが、ホーンを加えた録音を提案したことから実現した1954年のセッションから始まった、初代JAZZ Messengers。
Kenny DorhamがJAZZ Messengersにいた時期は短く、1955年11月のCafe Bohemiaの後は、ペットはDONALD BYRDに変わっている。

img201510_503.jpg

それで、DorhamがJAZZ Messengerを去って、1956年に吹き込んだ演奏。
KENNY BURRELLやJ.R.MONTEROSEの演奏も良いね。
1956年はThe Jazz Prophetsも出してるし、MONTEROSEとの相性がいいね。



ベースはSam Jones。軽い感じが印象的。

Dohamの演奏は、1954年の演奏に比べると、勢い余る演奏から、
それだけではないDorham特融の哀愁美を感じられる演奏も現れ始めているように思う。
Dorhamのリーダー作の中でも指折りの演奏ではないかと。

nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

Bye Bye Blackbird [1956年]

このところ、毎日アームの調整をしている。
針の傾きは概ね良いみたいなのだが、まだまだアームの高さと、
オーバーハングとインサイドフォースは調整しないといけない。
全部いっぺんにやると訳が分からなくなるので、ちびちびやっている。
こういうときに、ニュートラルに鳴らしてくれるSD05は、やはり強い味方。

勝負は、レコードの溝にある情報をどれだけ読み取れるか。
ここをしっかり調整できずして、良い音は出ない。
諸先輩方は、このアームの調整とスピーカのセッティングを数十年に渡り、
調整し続けていらっしゃるのである。
この継続の先に、他の家では出せない究極のサウンドが見えてくるのだ。
先日のオフ会で、改めてオーディオに近道がないことを実感した。

それで、拙宅も負けてはいられないと、このところ毎日調整の日々。
直ぐに良い音が出る訳ではないことは、重々承知してるのだが、
今は調整し続けてみたいのである。
調整を続けていると、流石に少し良い音がしてくる。

L1036191.jpg

それで、いろいろと聴いているのだが、
先日とあるBlogでKeith JarrettのECMのアルバムをご紹介頂いていたので、
拙宅でも久々に引っ張り出してみた。
それで、Bye Bye BlackbirdつながりでMilesの盤も聴いてみたが、
久々に聴いてみると、この頃のColtraneに幻滅。Milesは流石なのだが。

それは置いといて、コロンビアのMilesは結構なるように調整できてきた。
他のレーベルもちゃんと鳴ってくれるといいのだが。
ならなければ、またアームの調整をするだけ。
段々と癖が見えてくるとは思うのだが。
この先の道のりは長い...

nice!(17)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

カップルの多い今日この頃にJAZZ三昧 [1956年]

このところ横浜はカップルだらけ。

L1035959-2.jpg

学生も休みに入っているし、そんな季節なのであろう。
モノクロにしてみて、納得してしまった。

L1035969.jpg

そういう今日もJAZZ三昧。
久々にMobleyのSecond Messageを聴いてみた。1stより内容が好き。
1956年の録音だった。
この年はサキコロやJackie's PALなど凄い盤が多くリリースされている。

当BlogでJAZZ Albumを適当にカテゴリ分けがしてたら、もう今となっては
収拾がつかなくなってしまっている。
そこで思いついたのが年で分けるというもの。
あとでカテゴリで年別で見れば、何年にどのような盤がいつ頃録音されたのか
まとめて見れるかなと。
というわけで、今回1956年。
1956年ということで引っ張りだしたのがKenny Burrell Introducing。
Kenny Burrellリーダー初物。
ウォーホルの白ジャケのほうが内容良いかもだが、これとかMidnight Blueみないに
結構ゆったりと聴けるかな。

BLUE NOTEもIndeedとかJutta HippとかThad Jonesのハトとか、
Whims Of Chambersとか、6 Pieces Of Silverとか録音しているね。