So-net無料ブログ作成
検索選択

Hank Mobley / Peckin’ Time [1958年]

もう何も言うことはないでしょう。
というか自分には、とやかくいう力はありません。
1958年にこのような演奏が繰り広げられていたという証。

L1045564.jpg

数あるBLUE NOTEのジャケットの中でも、かなりお気に入りの部類に入る。
運よくオリジナルを入手できたので、
これまでも、そしてこれからも長く大事に聴き込んでゆきたい。
今こうして聴けることに感謝。

Mariano Charlie / Beauties Of 1918 [1958年]

今日は、休み。
選挙結果を眺めた後、Mariano CharlieやRichard WilliamsやArt Farmerの盤を聴いておりました。

img201605_562.jpg

政治のことは、殆んど分かりませんが、
改憲勢力が2/3を超え、公明党が議席を伸ばす結果となったようですね。
今回争点の2/3の意味が分からず投票した人も多かったようですが、
良く言えば、9条改正には反対だけれど、憲法改正と経済的な安定を求めた結果なのかなと
受け止めました。
悪く言えば、なんとなく人気のある芸能出身者に入れたか、
野党で入れるところが見つからなかったということでしょうか。
憲法改正は、最終的に国民投票になるでしょうから、
EUみたいにはならないようにしたいですね。



Beauties Of 1918は、Mariano Charlieは勿論、
Jerry DodgionやVictor Feldmanの演奏も気に入ってます。
1958年という年代のハードバップを、自分はやはり好きなんだなと思います。
こういうマイナーだけれど良い演奏の盤は長く聴けるなと思います。

そういえば、どこかで、政治について詳しく理解しつつ、
今の暮らしにさほど不満もない人が、
「どうせどの政党に入れても、そんなに変わらない。
政策を実行するのは官僚だし。」ということを言っていた。
だから選挙には行かないとのことだった。
もっともだなと納得してしまった。
まあ、うちにゆっくりJAZZも聴けるし、撮りたい放題写真も撮れてるし、
特に不満がないと言えばないしなあ。

HAROLD LANDの盤を聴く [1958年]

久しぶりに引っ張り出したHAROLD LAND。
Harold in the Land of Jazz。
Comtemporaryのオリジナルは、重厚な音で眠っていたウーファーが
動き出してくれるような感じ。

L1039289.jpg

この人やSONNY STITTみたいな硬派なサックスは、長きに渡り聴けるような気がする。
Leroy VinnegarやCarl Perkins、Rolf Ericsonなんかが参加してて自分は好き。
Carl Perkinsの溜めのピアノが良いね!

L1038349.jpg

Leroy Vinnegarのウォーキングベースがなんとも重厚さを醸し出している気がする。
ちょっと他のベーシストとは違う演奏。
ちょっと、ねちっこい気もするが...

L1038274.jpg

写真は、もう散ってしまったが、大岡川の今年の桜。