So-net無料ブログ作成
検索選択

The Magnificent Trombone / Curtis Fuller [1961年]

今日の一枚。
渋すぎる、切なすぎる演奏で、じっくり聴き込みたい盤。
派手さはないが、聴けば聴くほどに良さが分かってくる盤。

L1045562.jpg

最近、めっきりとオリジナルを見かけなくなりました。
自分もジャケが綺麗ではないが、オリジナルを入手。
EPICもなかなかいい音しますね。

ZOOT at Ronnie Scott's [1961年]

今日聴いている盤。

RIMG0039.jpg

Love fo saleは、Cookinでは途中でフェードアウトされているが、
この盤では全部聴けるのが嬉しい。

booker little and friend [1961年]

久しぶりに聴いた。
booker littleの他の盤は、ちょっと聴いただけで、その後は
あまり聴かなくなってしまった。
この盤は、音程やテンポをわざと外したような演奏を、
一見いまいちのように錯覚してしまった頃もあった。
1961年という年代がこのような演奏にしたのであろうか。
今聴いてみれば、その外したところも含めて名盤だなあと思ってしまう。
メンツを見れば変な演奏はしないというもの。
スリリングな演奏が多いのでとても気に入っている。
DON FRIEDMANのピアノがかなり良いね。



IF I SHOULD LOSE YOUは聴かせるね。
最近は、あまり喧しくない、こういうゆっくりなのも好みになってきた。
年取ったかな...

L1044193.jpg
Leica M8.2 summilux 35mm f1.4 ASPH

写真は、みなとみらいで。
久々にみなとみらいをウロウロできた。

2 FEET IN THE GUTTER / DAVE BAILEY [1961年]

久々の休みは、家にこもってJAZZ三昧。
紅葉でも見に行きたいところだが、疲れ切っていて外に出たくない感じ。

いろいろ聴いているが、こちらはBILL HARDMANがペットを吹いている盤。
BILL HARDMANといえば、泣く子も黙るHANK MOBLEYの1568で吹いているのが有名。
ちょっと詰まったような吹き方に愛着が湧く。



この盤はいぶし銀のドラマーDAVE BAILEYの盤であることが功を奏し、
サイドマン達のソロを堪能できると思う。
FRANK HAYNESのテナーに何より遣られるが。
このEPICオリジナル盤の綺麗なのはなかなか見ない。
自分の盤もジャケともに擦れてはいるが、気に入っていて手放せない。

BILL HARDMAN QUINTET [1961年]

SAVOYの大好きな一枚。



風邪ひいて調子が悪い今週末は、家でゆっくりJAZZ三昧。
BLUE NOTEがまあまあ鳴るときは、RIVERSIDEがいまいち鳴らなかったり、
SAVOYはめちゃくちゃいい音で鳴ったり。
盤の厚さや溝の深さなどレーベルにより異なるため、
針圧やアームの高さの調整をして、すべてのレーベルをいい音で鳴らすのは本当に難しい。
最近、オーディオはこのあたりの格闘ばかりです。
欲しいアンプがあるのだけれど、なかなか出てこない。

img201511_421.jpg

写真は、丸の内にて。

IKE QUEBEC / HEAVY SOUL [1961年]

久しぶりに聴いたが、やはり結構良い。
この手のテナーと勝手に思っているのが、JIMMY FORRESTとかEddie Lockjaw Davis
だったりするのだけれど、最近結構聴いているような気がする。
BEN WEBSTERとかCOLEMAN HAWKINSとかはまだあまり聴かないが。
昔から、結構いらやしい吹き方する人だなと、敬遠してきた。
まだまだ青い...





この盤は、オルガン入りなんだけれど結構好き。
以前からオルガンが入っているからと敬遠していた盤や手放した盤は結構あるが、
これは良いと思う。手放さなくて良かった。
今日は、これとBennie GreenのBETHLEHEM盤も聴いたが、
これもオルガン入ってるけど内容良いね。

img201609_501.jpg
Contax TVS Vario-sonnar 28-56mm f3.5-5.6 Carl Zeiss T* Zoom lens Kentmere 400

写真は元町にて。秋ですな。

ImpulseのArt Blakey [1961年]

以前、Impulse盤を所有していたのだが、何故か手放してしまい、
今はMCA盤だけが残っている。

L1040213.jpg

久しぶりに聴いたのだけれど、Lee Morganのペットが若干擦れたようで切れがない。
Shorterのいまいちぬるい感じに聴こえてしまった。
こんなんだっけ?と思いつつも、本来オリジナルはImpulseなので音はこの上ないほど良いはず。
しばらく効いていると、耳がなれたようである。



演奏はやはり極上である。
I Hear A Rhapsodyでは、Blakeyの切れや瞬発力が感じられたので安心した。

でも、今一度オリジナルで聴いてみたい。

PS:写真は山手洋館にて。