So-net無料ブログ作成
前の6件 | -

Cattin' With Coltrane And Quinichette [1957年]

1957年は、小生が一番すきな年代かもしれません。特に好きな録音が多いと思っています。
このCattin' With Coltrane And Quinichetteは、1957年の録音。
Coltraneはこの年にBLUE NOTEにBLUE TRAINを残していますね。
そんな勢いあるColtraneがQuinichetteと一緒にやった盤です。

74F7D4E8-0071-4FF8-9432-C09B4BFA946D.jpeg

聴いて欲しいのは、ColtraneではなくQuinichette。
Quinichette!この人はやっぱり演歌ですね。
切れ良くストレートに吹きまくるColtraneとは対照的に、流暢に吹いてくれています。
これが今の小生にはなんとも心地よく聴こえるのです。
ある意味余裕のある演奏に思えて、好きなのです。
もっとスイング系の演奏も多い中、Coltraneとやったハードバップという点で、
とても貴重な一枚ですし、このあたりが小生が気に入っている理由だと思います。
一番のお気に入りは、Vodkaですかね。
それではどうぞ。



いかがでしたでしょうか。
ちょっと切ないイントロで始まるこの曲。
ColtraneとQuinichette。演奏スタイルは違いますが、それぞれの良さを存分に発揮し、
後半になるにつれ、どんどんテナーバトルが激しさを増していきます。
9分の演奏中に、まさにVodkaがどんどん回るように。
そして、いつまでも終わらないで欲しい。そんな考えが頭をよぎる曲かなって思います。

そして、Vodkaと甲乙つけがたい曲がAnatomyですかね。
こちらも個人的にQuinichetteにやられた曲です。
Mal Waldronが参加しているところも聴きどころではないでしょうか。



オリジナルは赤ジャケですが、小生のもっている盤は、ご覧のように緑ジャケです。
盤もオリジナルではないのですが、PRESTIGEの右コンラベルで
RVGの刻印が入っていて、音はとても良いです。安いしとてもお勧めですよ。
しかし、こういう嵌ってしまった盤というのは、どうしてもオリジナルが欲しくなってしまいます。
ある種病気ですから、もう治ることはないでしょうね。
いつかオリジナルを入手しようと狙ってはいます。
nice!(18)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

桃源郷 [風景]

ここは桃源郷かと思えるほど、
俗世界とはかけ離れた空気感が有ります。
何とか休みが取れたので、ここ東慶寺に行ってきました。

L1050337.jpg

もうここの梅や大井松田の河津桜が咲いている頃だと
思っていましたが、なかなか休みを取れず今日になってしまいました。
河津桜には間に合いませんでしが、ここ東慶寺の梅には、
何とか間に合いました。

L1050331.jpg

日曜日ということもあり、人混みが凄いと覚悟してましたが、
朝一で出かけてみると人気は疎ら。
ゆっくり眺めることができました。

L1050431.jpg

久しぶりにカメラも持ち出してきました。
昨年の紅葉以来です。

L1050365.jpg

やっぱり、偶にはファインダーを覗いて撮るのは楽しいですね。
今年も綺麗な梅を眺めて、こうしてカメラに収めることができて
良かったです。
梅は、あと一週間くらいは残っているかもしれません。
散ったあとは、いよいよ桜の季節がやってきますね。

L1050435.jpg
nice!(15)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Kenny Dorham Quintet Debut盤 [1953年]

遂に入手しました。

E529C622-1CFF-4289-993D-431A9709C51F.jpeg

何度も掴みかけましたが断念してきました。
最近仕事が忙しく土曜日は毎週出勤していて、
レコードセールに顔を出す事が出来ていませんでした。
先日、仕事を締め切りに間に合わせ終わらせたので、
久しぶりに土曜日休みを取れました。
早速のレコードセールに行ってみると、この
Kenny Dorham QuintetのDebut盤が出ていました。
価格もそこそこで何とか入手できました。
これまで国内版で聴いていましたが、Debut盤はやはり抜けが良いですね。
バードバップに近い演奏で、曲の完成度が高いと思います。
演奏自体はまだまだ若さ溢れる演奏で、ちょっとつっかかるところも
有りますが、それがまた良いです。
ベストトラックは皆さん仰るように、B1のOsmosisかなと思います。
とてもスリリングでとても好きな曲です。



Percy Heathのベースがとても効いていてグイグイ皆を引っ張っていきます。
Jimmy Heathの演奏も良いですね。その他の曲ではソロパートが少なくちょっと寂しい気もしますが。

それから10インチなので曲数が短いのと、一曲の時間が短いことが
難点ですが。

Osmosisは、Debut盤が1953年に対し、Dave Baileyと一緒に1961年にもやってますが、
こちらはトミフラが入り演奏の完成度が高くなっています。
曲も10分超えの大作となってます。

良かったら聴き比べてみて下さい。
アレンジも大分違うので面白いかなと思います。



Kenny Dorhamは個人的には特に好きなプレーヤーなので、
出来るだけ集めてきました。
ざっと以下のアルバムをリリースしていますが、
どうしても欲しいものはこれで概ね入手できました。
https://watt3pappy2.blog.so-net.ne.jp/2013-01-23

手放した盤も僅かながら有るんですが、ずっと聴き続けられそうなものだけ
残してきました。
勿論聴き込んでもきましたが、さてこの先どうしようかなと
ちょっと寂しい気もしています。
nice!(18)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

IWC オールドインター ラウンド 自動巻 Cal.8531 シャフハウゼン 1962年製 [小物]

今日は珍しく時計の話です。
レコード、カメラ、時計と小生には、
何となく共通するものを感じるのですが、
特に1950年代から1960年始頃に作られたものというのが、一番の共通するところではないでしょうか。
いわゆるビンテージと呼ばれるものに、
何故か興味を唆られるのです。

近所に、10年以上前から通っているアンティークの時計屋さんがあります。
ふと思いついた時に、ぶらっと寄っては、
良い時計はないかなと眺めては帰っていくことを何度もやっています。
特に買うことは無いのですが、
何度も通ううちに店員さんにも覚えて貰いました。
趣味のレコードやライカの話をしたり。
もう一軒、別のアンティーク時計屋さんが川崎にありまして、こちらは滅多に行きませんが、稀に覗きに行っています。
こちらの方が価格設定が高く、店員さんが若くて馴れ馴れしくて、沢山いて、ちょっと苦手なのですが、市場調査を兼ねて行っています。

それで、横浜の近所のお店は価格も良心的で、
店員さんは一人しかいなくて、気に入っているのです。

お店に行っては、IWCの時計を眺めて帰ってくる。
こんなことを年に何度かやっています。
時計のことは初心者ですので、
詳しいことは全く分からないのですが、
兎に角見た目とつけた時の装着感だけ拘っています。

お店で見てくれが気に入って買うって、レコードやカメラも同じなんです。
レコードの場合、何度も目につくジャケット。
醸し出す雰囲気、いつかは買ってやるぞと思い帰って行く、ライカであればM3やM4、M2もやっぱり良いねえ、ここはやっぱりM3ブラックで決まりだねとか、そんな事を考えながらお店を回っているのです。


ここ7〜8年程探していた時計があります。
それがこのIWCのオールドインターです。

RIMG0209.jpg

IWCは、文字盤に「SCHAFFHAUSEN」の文字があるとおり、スイスのシャフハウゼンにある時計メーカーです。
かつて、スイスの時計職人はフランスからの移民の人達が多く、時計メーカーはジュネーブなどフランス国境近くの都市に多かったようです。しかし、シャフハウゼンはスイスの北部ドイツ国境近くにあり、これによりドイツのクラフトマンシップを受け継いでいると言われています。
実際にIWCの時計は堅牢で人気があり、信頼されています。

私は、中でもオールドインターと呼ばれる、所謂ビンテージものが好きなのです。

この時計は、Cal.8531というムーブメントを使用していて、
カレンダーを内蔵した自動巻タイプになります。
1930年代に普及しつつあった自動巻の開発は、失敗の歴史でもありました。
その中でも成功したのが、ロレックスとオメガです。
これに、IWCやセイコーが続きました。
IWCはこの歴史の中で、Cal.8531を完成させます。
これにより、「スイスが作った自動巻の中で、IWCのCal.8531が最高峰だ。」とまでいわれるようになったのです。
耐衝撃性や耐久性には特に優れていると言われています。

カレンダーは、時計の中央に寄っている所謂寄り目とよばれるタイプになります。

また、竜頭(ゼンマイの巻き上げや時刻・日付調整などを行うネジの部分)に、魚マークが入っているのも珍しいですね。
これは、現行品にはなく、ビンテージでも付いていないものもあります。
この魚マークは、防水時計の証として付けられていたもので、オールドインターが好きな方なら、やはり付いているのを探されていることでしょう。

RIMG0210.jpg

この日もIWCの良いのがないかと近所のお店にぶらっと寄りました。
たまたまネットを見たら良いのが入荷したと書いてあったので、まあ売り切れてるかもしれないし、
別のも出てるかなと思い行ってみました。

一通りIWCの時計を眺めていると、店員さんが一つIWCの時計を出してきてくれました。
それがネットに出ていたやつだったのです。
「これ、ネットに出てたヤツですね!」
これは見た目といい、腕に付けた感じといい、とても具合が良い。ビジネスにもカジュアルにも合う。状態もとても良い。
内部も見せて貰いましたが、とても綺麗でなかなかのコンディションです。
文字盤、針、ケース、内部とこれまで見てきた中で一番状態が良かったです。
この年代のオールドインターは、文字盤に錆が見えているものが多いのですが、これは全く見受けられません。
「この状態は滅多に見ませんね。」
これは今買わないと、誰かが直ぐに買ってしまうだろう。
と言うわけで、まったく躊躇せず「買います!」と即買いしたのでありました。

時計は一つ有れば十分だと思っていたので、今まで使っていたオメガを下取りに出そうかと思ったのですが、店員さんがいい時計なのでもっておいた方が良いとおっしゃっていたので、暫くは持っておこうかと思っています。
でも、時計2つは使わなそうなので、多分そのうち売りに出しそうです。これまで2つオメガを使ってきたのですが、2つ目を買って暫くしたら、やっぱり二個ははいらないなと思って、1つを売りました。
全く小生は物を大事にしない人間ですね。
まあ、他に大事にしてくれる人がいると思いますので。
これまでのオメガに感謝して、IWCを大切に使っていきたいと思います。

レコードもカメラもそうなんですが、近くにお店が何件があって、そこに頻繁に行けて、実際に見れて、手で触れて、心底納得して買える。
これって本当に恵まれた環境なんだなとつくづく思います。
この環境に置かれている事、良いものに出会えた事に感謝しつつ、末永く使っていこうと思っています。

PS:小生が所有しているレコードはアメリカ製、カメラはドイツ製、時計はスイス製なのですが、IWCの創設者は実はアメリカ人です。しかも創設場所はシャフハウゼンというドイツ国境の町。
このアメリカ、ドイツ、スイスが自分の中でトライアングルのように繋がった出来事でした。
nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Jazz Studio 1 [1953年]

誰がリーダーなのか分からないアルバムですがpaul quinichetteもfrank fosterもjoe newmanもhank jonesもBenny GreenもJohnny Smithもいて、凄く良いアルバムでした。

D749289B-B911-4999-9085-54BA5B6B2FBC.jpeg

メンツが8名書いてあると、ビッグバンドっぽいのかなと敬遠してしまいがちですが、視聴してみたところビッグバンドっぽくなくて、なかなか良かったので購入しました。
最近Getzを良く聴くようになってきましたが、Getzの盤が好きならこのJazz Studio 1も気に入られるのではないでしょうか。
ソフト系のジャズになりますかね。でも、Getzとはだいぶ違うかな。

コールマンホーキンスも聴かない、ベンウェブスターも聴かない、レスターも殆ど聴かない、カウントベイシーも聴かない小生が、ポールクイニシエットだけは、ちょっと気になる存在です。
それは多分、コルトレーンやチャーリーラウズや他の有名なイーストコーストの人達と結構一緒に演奏してきたからなのかなと思ったりします。
レスター系の人となってます通り、ソフトな演奏をする人ではありますので、ちょっと昔までは全く聴きませんでした。それがイーストも聴くようになり、少しずつではありますが、聴けるようになってきました。

どのような演奏なのかは、拙い文章では伝えられませんので、こちらをお聴き頂ければと思います。
演奏時間が長いですので、お時間のある方や暇つぶしにご覧下さい。
因みに、アルバム一枚で二曲しか収録されていません。



Johnny Smithの演奏から静かに始まり、hank jonesがこれに続きます。
そしてpaul quinichetteのテナーがゆったりと流れてゆきます。
こういう演奏が最近は好きなんですよね。
個人的にはベニーグリーンの演奏は昔から好きですね。どこか懐かしいような吹き方をします。
フランクフォスターはヌケガ良くていい吹きっぷりですね。
joe newmanは訴えかけてくるような演奏が良いですね。
後半の演奏は、軽快にリズム良く、テンポ良くなります。
如何でしたか。

A2C8FFE9-54C1-4D2F-BE9A-BE44BB843A98.jpeg

たまたまDECCAのオリジナル盤を運良く入手できました。
溝有りで分厚くて硬くて重たいですね。
やはり良い音がしました。


amazonにもあるんですね。ジャズ・スタジオ1(紙ジャケット仕様)


nice!(20)  コメント(0) 

stan getz west coast jazz [1955年]

stan getzの盤の中でも小生が大好きなwest coast jazzです。

97439864-E481-41D9-851F-4138553FDD6F.jpeg

stan getと言えば、PlaysやGilbertoが一番に浮かぶと思います。
小生もJAZZを聴き始めた20年以上前に、ちょっと聴いた事がありました。
大名盤と言われていますが、その意味も分からないまま、カッコつけて聴いていたように思います。
JAZZを聴きたい人って、少なからずとも、
JPOPなどを聴いていたころから、少し背伸びをしてみたいとか、ちょっとお洒落に音楽を聴いてみたいとか、そんな想いがあるのではないでしょうか。
小生にもそんな想いが少なからずともありました。
それで、JAZZのことも殆ど知らないながらも、何となく良いよねと思いながら聴いていたのです。
その頃はボサノバとかWEST COASTとか文章では分かったつもりでも、理解はしていなかったのですね。
まあ、それはそれで良かったのですけれど。
思い出してみれば、曲調などは殆ど覚えていませんね(笑)。

その後、バードバップ(EAST COAST)にどっぷりと嵌まり込んでしまった訳ですが、その次はWEST COASTに嵌ってきたのです。

JAZZを聴きこんでくると、GETZやZOOTといったところに嵌ってくるとか、パーカーで落ち着くとか、良く言われますが、少しはその気持ちが分かってきたように思います。まあ、偉そうなことは言えませんが(笑)・・・

それに似た感覚で、EAST COASTからWEST COASTへと移ってきた感覚もそれに近いのかなあと思ったりしています。

その経過の中で、自然とstan getzを聴くようになりました。

しかし、昔聴いたことのあるPlaysやGilbertoではなく(また聴きたいと思っている)、

Interpretations 2
Quartets
インポーテッド・フロム・ヨーロッパ
Jazz at Storyville [12 inch Analog]

stan gets quintet roost盤
などを聴いています。
こちらについては、また別の機会に触れさせて頂きます。

話をwest coast jazzに戻しますと。
ストーン・マーチンによるイラストジャケットがお茶目ですよね。
内容はなかなかですよ。やはり初期の頃のGetzは特にイイなあと思います。
East Of The Sunやチュニジアの夜や小生の好きなsummertimeが
入っていて聴きごたえがあります。
中でもオススメは、チュニジアの夜ですね。

しかしゲッツのように人気のアーチストだとCDやレコードが
山のようにあって、どれから聴けばよいのか分かりませんね。
アマゾンなど本当に多くヒットするので、
結局は★★★★★星マークが多いのを選んだりということになってしまいます。

幸いにして、小生は殆どレコードでオリジナルしか聴かなくなりましたので、
都内のレコードショップで実際に聴いてみて、
フィーリングでこれだというものを買うようにしています。

このフィーリングを言葉で伝える事は容易ではありませんよね。
なのでネットの記事だけではなく、出来れば視聴して気に入って購入したいものです。

このSTAN GETZのWEST COAST JAZZは、
強いて言うなら、playsを過去に聴いて良かったと思う人には、
おススメできるのではないかと思っています。

ネットにありましたので聴いてみて下さい。



conte candoliのペットや、軽快なlou levyの演奏にも
身体が自動的に動き出しますね。
SHELLY MANNEにLEROY VINNEGARという超一流の
WEST COAST JAZZ MENに支えられた、
なかなか良い盤だと思うのですが、如何でしょうか。

最近はアマゾンでもアナログ盤を入手できるんですね。
やはりアナログ人気は本当みたいです。
JAZZはやっぱりアナログ盤で聴きたいものですね。
手軽に購入できるようになって良かったですね。
小生のように真冬の早朝から凍える思いをしてレコードを
入手したり、尋常ではない高額で入手したり、何年も探し続けたりという
ことをしなくても手に入るのですから。
もし、オリジナルを聴くようになったら、やはり
小生のような状況が待ってますが(笑)・・・

アナログ盤のリンクを貼っておきますね。

アナログ盤はこちら → West Coast Jazz [12 inch Analog]


West Coast Jazz [12 inch Analog]

West Coast Jazz [12 inch Analog]

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Wax Time
  • 発売日: 2010/09/07
  • メディア: LP Record



アナログ盤は聴かない方は、輸入盤が良いかなと思います。
やはり良い音で聴きたいですよね
小生も持っているCDは殆ど輸入盤になってしまいました。
安いし音が良いし。

輸入盤のCDはこちら → WEST COAST JAZZ


WEST COAST JAZZ

WEST COAST JAZZ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: VERVE
  • 発売日: 1999/05/08
  • メディア: CD


nice!(16)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽
前の6件 | -