So-net無料ブログ作成

Maynard Ferguson / Jam Session [1954年]

Maynard Fergusonという人、初めて知りました。

3584B5FE-1865-4CAF-9E15-1C5883138588.jpeg

最近は、見たことも聴いたこともない盤に手を出すことが多くなりました。
最近では、ジャケットの質感から大まかな録音年代が分かってきて、
これを頼りに1953年頃から1960年頃の盤をさがしては、
視聴を繰り返し、自分のフィーリングに合った盤だけを購入するようにしています。

この日も、いつも良く行くレコード店で、レコードを漁っていました。
ふと目についたこのジャケット、時代は1950年代のものだと思いました。
ジャケットからはトランぺッターだということは察しがつきます。
Maynard Fergusonという名前は知りませんでした。
しかし、Emarcyだし、ジャケットにはHerb Geller 、Bob Gordon、Max Roach、
Claude Williamson、Bob Cooperの名前が見えます。
Our Love Is Here To Stayも入ってます。
これは良さそうだなと思い、早速視聴してみることにしたのです。

するとやはり私の好きなハードバップの演奏が聴こえてきました。
しかも値段がとても安い。迷わず入手となりました。

最近ちょくちょく聴いてますが、Jam Sessionというタイトル通り、
当時はこんなセッションが毎晩繰り広げられていたのだなあと、
1953年にタイムスリップしたかのような気分にさせてくれる一枚です。
盤はFLATで厚みと硬さがあり、しっかりした音です。
また宝物が増えました。

アルバムはA面、B面とも一曲ずつです。
長い曲ですが、よかったらどうぞ。



nice!(17)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

nice! 17

コメント 2

老年蛇銘多親父(HM-Oyaji)

私の知っているFergusonnのイメージとは違い、彼にしては妙におとなしい演奏だな思いました。

いかし、いつも感じるケバケバしさがない分、かえってこの方がいいなあと思いましたけど
by 老年蛇銘多親父(HM-Oyaji) (2019-05-09 22:49) 

ハンコック

聴いてみて、ちょうど耳に馴染んだので入手しました。
うるさく感じたら入手してないかもしれませんね。
最近はこの手の盤ばかり集まってきています。
また激しいやつも聴くことになるのか、
自分でも分からないところですね。

by ハンコック (2019-05-11 07:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。