So-net無料ブログ作成

連休 [廃盤セール]

都内レコードショップのセールで始まったゴールデンウィーク。
雨と寒さの中、セールに並んだ。
今日は御茶ノ水、渋谷、吉祥寺、関内、大阪で
結構良い盤が出ていた。

F6197F53-2E94-4716-A4A1-9C12B1D01177.jpeg

今回、BLUE NOTEで欲しいのはなかったので、御茶ノ水に並んだ。
御茶ノ水はヨーロッパ盤特集だった。
めぼしい盤があったので、ちょっと張り切って並んだのは良いが、
メチャクチャ寒い。冬用のを持って行ったのだが、それでも寒かった。
雨の中を数時間待ったのは何年振りか。
そんな甲斐もあり、欲しかった盤は入手できた。
改めて、出品リストを見てみると、やはりBLUE NOTEは売れている。
最近は1500番台だけではなく、4000番台、4100番台、
それにMONOだけではなくSTEREOにも高額の波が押し寄せているらしい。
昨今のアナログブームも影響しているかもしれない。
それでもこれだけ売れるのだからなあ。誰が買ってるんだろうか。
以前買い損ねた盤はここ数年でどんどん高騰し、
なかなか手を出せなくなってしまった。
これでもかなり集めたほうだと思うが。
あとは団塊世代の方々が終活でちらほら出してくれるようになれば、
少しは落ち着いてくるかもしれないが。
まあまだ先のこと。
と言うわけで、久々のセールは疲れました。
今回は帰省しないし、まだまだセールは続くし、JAZZ三昧の日々を送ろうかと。

写真は今回のセールとは関係ない、zootとhans kollerの盤。
youtubeに音源なかったので挙げてないが、なかなか良い。
nice!(19)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

nice! 19

コメント 4

tempo_collecter

お久しぶりです。いつぞやはjazztokyoでお世話になりました。
最近あまりお見かけしないなと思っていましたが、jazztokyoの
ヨーロッパ盤セールにいらっしゃったのですね。

私の方は1日の新宿jazz館のヨーロッパ盤セールで初めて徹夜で並びました。と言うのも前々から探していた超レア盤が出品されていて事前に確認したところ、diskunionでは初めての取り扱いで問い合わせもこの盤が一番多いとのことだったからです。
私自身、何回かこの盤を見かけたことがありますがそれら全てが
酷いコンディションで今回初めて収集対象となるコンディション
でありそうなことと、今回を逃すと今度はいつになることやらと
思ったので気合を入れました。
途中、午後11時くらいに一人、1時くらいに一人、私も含め3人が
徹夜でした。雨は降ってるし寒いしで本当つらかったです。
私以外のお二人とももう前から顔みしりでレコードの話をワイワイ
しながらまち時間を過ごせたのが唯一の救いでした。

ところで午後11時くらいに来た方は岐阜からいらっしゃってる方なんでなんすが、ハンコックさんのことをよくご存じで、その方もハンコックさんとは先日のjazztokyoで久しぶりにお会いしたとのことでした。その方、その時は1番だったのにも関わらずそこそこコンディションで10万だったDON RENDELLのTEMPO盤を買い逃したことをとても後悔されていましたよ。

そんなこんなのようやく話しで時間をつぶしようやく開店時間。私は狙ってた盤をめでたくゲット。岐阜からいらっしゃっていた方はTEMPOのJAZZ AT FLAMINGOをゲットされたようです。

今後何かのセールでまたお会いするかも知れませんがその際はよろしくお願いいたします。




by tempo_collecter (2019-05-03 09:49) 

ハンコック

tempo_collecterさん
こんにちは。
4/27、5/1と雨でしたね。
まあ、レコード狙いの我々には雨や雪は関係ありませんが。
それでも寒さと雨というのは、特に新宿と御茶ノ水は厳しいですよね。
しかし、お目当ての盤を入手されたという事で、
おめでとうございます。
皆さんにお話を聞いておりますので、
入手なさった盤は大体お察しします。
私も再発盤は持っていますが、所々、
音が歪む所があります。
オリジナルは、そんな事は無いのでしょうか?
歪む事が無ければ、小生もいつかは入手したいですね。
でも10年は出てこないかも。
こう考えると、今回徹夜で入手された事はやはり
正解かもですね。
と言うわけで、またお会いできることを
楽しみにしております。
また音のいい盤を教えてください。
by ハンコック (2019-05-03 10:28) 

tempo_collecter

ハンコックさん。たびたび失礼します。
当盤ですが歪は全くなく音も良いです。特に管楽器が図太く鳴りが
素晴らしいですね。この事は新宿jazz館のNさんもおっしゃていました。
ここ数年で入手した盤の中ではこれと、既に入手されているかも
知れませんが、
・TONY KINSE QUINTETのJAZZ AT FLAMINGO,
・KENNY BURRELLのA GENERATION AGO TODAY
の2枚が素晴らしい音だと思いました。

前者は Joe Harriott が典型的なハードバップの演奏をしており、
そのALTO SAXが耳に突き刺さってきます。
1568のCURTIS PORTERの音よりも更に前に飛び出て
くる感じで私の知る限りJoe Harriottの聴ける盤ではこれが一番良い音かと思います。あまり見かけない盤ですが、時々は見ますので見かけられたら是非視聴してみてください。

後者は1967年にも関わらずモノラル録音でVANGELDER刻印。
PHIL WOODSのALTOの音が素晴らしいです。こちらは後期VERVEなので今でもDISKUNIONのどこかの店舗で在庫があるかも知れないですね。

あと、BLUENOTEではLEE MORGANのDELIGHTFULEEのモノラル・VANGELDER刻印ありも素晴らしい音ですよ。
ただこれはモノラル盤でもVANGELDER刻印無しが多く、刻印あり
は中々見ないです。まだ所有されていなければ、店で見かけた際には是非視聴してみてください。

以上、よろしくお願いいたします。

by tempo_collecter (2019-05-03 14:21) 

ハンコック

tempo_collecterさん
情報ありがとうございます。
流石、大分先を行かれてらっしゃいますね。
TONY KINSE QUINTETまでは、手を出せてないです。
まあ、小生もゆっくりやります。
しかし、例の盤は歪はないのですね。
やはり入手したいですね。
特にB面を歪みなしで聴いてみたいですね。

by ハンコック (2019-05-03 18:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。