So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
Jazz Album ブログトップ
前の10件 | -

Signal盤から2枚。 [Jazz Album]

幻のレーベルSignalからリリースされた7枚中の2枚。
どちらもA面はQuartetで、B面はTrioになっている。
A面とB面で、同じ曲をやっているので、B面を聴くとカラオケっぽい。
個人的には殆どA面しか聴かないが。

RIMG0162.jpg

Duke Jordanのほうは、何といってもGigi Gryceが聴きどころ。
Hall OvertonのほうはPhil Woodsが聴きどころかな。

ちなみに、RUDY VAN GELDERが録音している。

nice!(9)  コメント(3) 

DEBUTレーベル一覧 [Jazz Album]

L1048084-3.jpg

デビュー・レコード(Debut Records)は1952年にチャールズ・ミンガス、
マックス・ローチによって設立されたジャズ・レコード会社。

10インチでは、以下17枚をリリースしている。

DLP 1 Charles Mingus/Spaulding Givens / Strings and Keys
DLP 2 The Quintet / Jazz at Massey Hall, Vol. 1
DLP 3 Bud Powell Trio / Jazz At Massey Hall, Vol. 2
DLP 4 The Quintet / Jazz at Massey Hall, Vol. 3
DLP 5 Trombone Rapport / Jazz Workshop, Vol. 1
DLP 6 Teo Macero / Explorations
DLP 7 Paul Bley / Introducing Paul Bley
DLP 8 Oscar Pettiford / The New Oscar Pettiford Sextet
DLP 9 Kenny Dorham / Kenny Dorham Quintet
DLP 10 John LaPorta / The John LaPorta Quintet
DLP 11 Sam Most / Sam Most Quartet Plus Two
DLP 12 Thad Jones / The Fabulous Thad Jones
DLP 13 Max Roach / The Max Roach Quartet featuring Hank Mobley
DLP 14 Trombone Rapport / Jazz Workshop, Vol. 2
DLP 15 Ada Moore / Jazz Workshop, Vol. 3
DLP 16 Hazel Scott / Relaxed Piano Moods
DLP 17 Thad Jones/Charles Mingus / Jazz Collaborations, Vol. 1

まだKenny DorhamとThad JonesとPaul Bleyしかもっていないが、
その他、どれも内容は良さそう。

PS:写真は昨日の横浜の夕暮れ時。

nice!(9)  コメント(4) 

Night Lights/Gerry-Mulligan [Jazz Album]

久しぶりの更新です。
いろいろと忙しくて、オーディオどころではなかったのですが、
久々にアンプに火を入れました。

RIMG0121.jpg

やっぱり、偶に聴くにはアナログですよね。

言わずと知れたGerry-Mulliganの名盤。
オリジナルで聴いてます。

あと、Zoot SimzsとかSonny Stittを聴いてます。
今夜はまだまだ、これからアナログ三昧です。

nice!(8)  コメント(2) 

オリジナルの超高額盤 [Jazz Album]

先日ヤフオクを覘いていたら、
DUCRETTE-THOMSON SIMS avec Renaud 10LP オリジナル が26万越え。
BRILLIANT! / The Diamond Fiveも13万越え。
上記2枚は自分も価格が気になって、ついついウォッチリストに登録。
やはりJAZZのオリジナル盤は欲しい方が多いのだな。

今日は、DIS〇〇NIONのWANT LISTを貰いに行ってきた。
ざっと目を通したところ以下の盤が超高額となっていた。

LEE MORGAN INDEED
LEE MORGAN VOL2
LEE MORGAN VOL3
KENNY DORHAM AFRO-CUBAN
J.R. MONTEROSE S/T
HANK MOBLEY S/T
SONNY CLARK SONNY'S CLIB
SONNY CLARK COOL STRUTTIN'
TINA BROOKS TRUE BLUE
TOMMY FLANAGAN OVERSEAS
KENNY DORHAM QUIET KENNY
BILL EVANS NEW JAZZ CONCEPTION
KENNY DREW TRIO
ART PEPPER MODERN ART
JACKIE McLEAN NEW TRANDITION
LAWRENCE MARABLE TENORMAN
WALTER BISHOP JR. SPEAK LOW
DON RENDELL SHADES OF BLUE
PAUL GONSALVES BOOM-JACKIE-BOOM-CHICK
SAHIB SHIHAB AND THE DANISH RADIO JAZZ GROUP
FRANCO TONANI NIGHT IN FONORAMA
JAZZ QUINTET 60’
BJARNE ROSTVOLD JAZZ JOURNEY

と、ざっとこんな感じ。
やはり大体いつもリストで見るやつばかりだが、
これらは希少価値が高く欲しい人も多いのであろう。
個人的には、この盤にこんな大枚を叩くかと思うのも結構あるが...
KENNY DORHAMやPAUL GONSALVES、TINA BROOKSのように、
とても好きな盤なので、もっと上がってくれと思う盤もある。

というわけで、DIS〇〇NIONではもうすぐレコードの買い取りUPをやるみたいです。
こういうのを見ると、もう年末が近づいてきている感じがしますね。

L1045395.jpg
写真は夏撮ったやつ。

nice!(8)  コメント(2) 

休みの日に [Jazz Album]

この休みはJAZZ三昧。
カートリッジを久しぶりにバリレラVR2に変えた。
これまではPhaseTechのP-3というのを使っていた。
合わせて、フォノイコを金田式のMCからレビンソンのMMに変更。
ヌケが若干悪くなったが、低域・中低域の密度が上がり、
全体的にピラミッド構造の音になった。

久しぶりにジャズ批評を読んでみて、
今聴いてみたいレコードをピックアップしてみた。
最近はWESTやCOOLも聴くようになったけれど、
まだ1955年~1960年くらいの盤にしか目がいかない。
メジャーな盤はだいたい持っているので、マイナーな盤になっちゃうけど、
こんな感じ。

Charles Persip and the Jazz Statesmen
Roland Alexander Pleasure Bent
Dave Burns
Teddy Charles Coolin'
Introducing Jimmy Cleveland And His All Stars
Phil Woods with Red Garland Gugan
Frank Foster Hope Meets Foster
Curtis Fuller Images
John Handy In The Vernacular
Wilbur Harden The King And I
Paul Serrano Blues Holiday
Don Sleet All Members
Mal waldron All Night Long

これは、おススメだよ!っていう盤があったら、
教えて下さい。

nice!(2)  コメント(2) 

zoot sims all stars [Jazz Album]

今日は、レコードセールに行き、ちぐさに寄って、
帰ってJAZZ聴いてと、JAZZ三昧。
新譜のCDを三枚買うつもりで10インチを。
UKのEsquire盤10インチでZoot sims all starsをGetした。

RIMG0090.jpg

オリジナルはPRESTIGEの10インチ。
1952年録音。
12インチはPRLP2022のThe Brothers。
Esquire盤も音はなかなかで安い。
こういう盤は、長く聴けるということを最近分かり始めてきた。
10インチを集められている方々の考えが少しは
分かり始めてきたのかもしれない。

枯葉 [Jazz Album]

もう紅葉も終わり冬真っただ中なのだけれど、枯葉ネタを。

たまにJAZZ喫茶で「枯葉」とリクエストする方がいらっしゃる。
ようは、「枯葉」でお勧めを掛けて欲しいという意味なのだが。
こう言われて直ぐにお勧めが何枚も出てくる方は、やはりベテランの域の方だろう。
自分は、すぐに出てくるのは、ZootのCookin’とBooker Ervinの盤くらいか。

L1043991.jpg

それで話は変わるが、久々にCURTIS FULLERのSOUTH AMERICAN COOKIN'を
出してきてB面から聴いたら、Autumn Leavesがなかなか良い。
これも「枯葉」のお勧めに入れてもいいんじゃないかと。

Benny Golson / Lullaby Of Birdland [Jazz Album]

偶然見つけた演奏。
サイドマンの名前は全く分かりませんが、良い演奏だなと思いまして。



考えてみると、Lullaby Of Birdlandをやってる盤って、他にあったかな?

足音 [Jazz Album]

L1036797.jpg

先日、DISKUNIONに登録していたWant Listのメールが来た。
RAY BRYANTのSLOW FREIGHTというアルバム。
当時CDが1000円で出ていたようだが、探したときは出ていなかった。
早速購入。



1966年というファンキーJAZZの時代ながら、この曲は
BRYANTの昔ながらのタッチが気に入っている。
BASSは、Richard Davis!良いねえ。

写真はデジタル。
スタバでお茶していた時に、前を通りかかった人の足元をスナップ。

新譜のレコード [Jazz Album]

針をSTEREOにして、聴けなかった盤をいくつか聴いている。
更に数枚新譜を買ってしまった。
山中千尋のMADRIGALとWHEN OCTOBER GOES。
澤野レーベルから出たレコード。
MADRIGALは勿論ジャケ買いで、WHEN OCTOBER GOESは内容が良いから。
Liveで良く聴いていたYagi Bushiをレコードで聴けるのが嬉しい。

img201602_045.jpg

それから、アルゼンチンジャズ、Jorge Lopez Ruiz/ B. A. Jazz By Lopez Ruiz
こちらは、レコードコレクターの方から教えて頂いたもの。
内容良すぎ。特にB面とか好きだね。

この手のレコードは、プレスの枚数が限られているので直ぐに売り切れてしまう。
これらの3枚はどれもお店では即売り切れだった。
Jorge Lopez Ruizは、お店でなんとか購入できたが、
山中千尋はお店に在庫がなくて焦ったが、amazonには結構在庫があって入手できた。

写真は、前回につづきKodak E100VSというポジフィルムで撮った赤レンガ。

前の10件 | - Jazz Album ブログトップ