So-net無料ブログ作成
廃盤セール ブログトップ
前の10件 | -

廃盤セール [廃盤セール]

Lester YoungのThe Presidentから、Stardustで長い1日が始まった。
この曲を聴いているのは始発電車の中。
窓の外は、夜が明け始めている。
やがて50歳になろうとしている体に鞭打って、
起きてきたが、やはり体はきつい。
今日行われるレコードセールの事で、一昨日からソワソワしだし、
昨日は一日中、セールの事で頭がいっぱいだった。
お陰で一日中、テンションが高かったのだが。
遠足に行く前夜の子供のように、目が覚めて眠れず。
うとうとしながら、結局3時には目が覚めた。

今こうして、Lesterを聴くようになるまで、レコードを
聴き込んできたが、まだ欲しいレコードはある。

65FE3BDA-61EC-4461-A171-C2A9577AD112.jpeg

セールに伴いお店のBlogにUPされた画像に、
皆久々にテンションが上がった事だろう。
J.R MonteroseのIn Actionが出品されたからだ。
ここ数年出てなかった。
世界で250枚しかプレスされていないと言われている幻の名盤だ。
マクリーンのAdlib盤も少ないと言われているが、
小生が見たところでは、In Actionの方が見た回数は少ない。
小生の記事を見返していたところ、2012年に30万で出ていた。
一連のBLUE NOTEの高騰などを考えると、
今回は片手で数えるくらいの価格になるのではないかとの噂であった。
流石にこのクラスの盤を入手出来る人は、ほんの僅かであろう。
小生のような一般サラリーマンでは手が出せる代物ではない。
分かってはいるが、釣られてジャズファンはレコード熱が上がってしまう。
悲しいものだ。

小生も各店の出品情報に目を通した。
もうなかなか欲しい盤は少なくなってきたが、
御茶ノ水に一枚と、吉祥寺に二枚ほど欲しい盤が出ていた。
この中で一番欲しい盤のあった吉祥寺に並ぶことにした。
横浜から吉祥寺は遠い。
普段は渋谷で井の頭線に乗り換えて行くのだが、
今日は一番早く着くように、東京駅周りで行った。

そして、神田で乗り換えて四ツ谷を過ぎた辺りで、
電車が急ブレーキ。誰かが非常ベルを押したのかなと
頭をよぎった瞬間、車内アナウンスが。

信濃町に入る時に人が電車に飛び込んだようだ。
「この電車で人身事故が発生しました。」というアナウンスだった。
いつも聞くアナウンスと同じだったので、実感があまり湧かなかったが、
自分が乗っている電車が人を跳ねたのは、人生初であった。
「この電車は暫く停車します。」とのこと。
それからしばらく待っていると、車内にでられるアナウンスがあった。
先頭車両がホームに入っていたため、先頭車両の一番前の窓から後車ができるようだった。
しかし、先頭車両で人を跳ねているはずなので、
下手すると遺体を目撃するかもしれない。
そう思うと何だか気分が悪かった。
息を止めて、電車の先頭に目を向けないように、
そそくさとホームからエスカレーターを登り改札口を出た。
すると改札の外から複数の警官が走り込んで来るところだった。
また、消防車がデカイサイレンを鳴らしながら集まってきたところだった。
パトカーも数台見える。

さて、どうしたものか。
ここから吉祥寺まではかなりの距離ある。
レコード1枚のためにタクシーで行くのもなぁ。
でも電車は間違いなく1時間は動かない。
頭の中は、怒りとイライラでパンパンになっていた。

事前の情報では、小生が狙っている盤は、状態は特に良いというものではなかった。
でないと言っても5年に1枚くらいは出ているし。
まあ、諦めて、御茶ノ水にでも行くか。
こう思い直し、御茶ノ水へ行く事に。

なんとか御茶ノ水に着くと6番乗りであった。
御茶ノ水で欲しい盤は、間違いなく壁にはない。
今回のようなセールの時では、かなりのお客さんが一斉に
レコードの棚を漁るので、入手出来ない確率のほうがかなり高い。
それでも6番手なので、もっと後に比べれば、少しは確率は上がることだろう。

顔見知りの方が何人かいらっしゃった。
だいたい並ぶ人はいつも同じ顔ぶれなのだ。

レコードの話をしながら、お店の外で待った。
7時からは、お店の中を開放してくれて、
冷房の中で待つことができた。
これは、かなり有りがたかった。

今回は9時に整理券が配布されたので、それから2時間、
tempo_collecterさんとYさんと三人でお茶しながら待った。
お二人とも筋金入りのコレクターなので、いつも有力な情報を頂ける。
ここでのひと時が、とても楽しく、あっという間に2時間が経過した。

そして開店。
In Actionは、皆の予想を遥かに上回り、なんと59万であった。
筋金入りのtempo_collecterさんとYさんは、
すでにIn Actionをお持ちなのだ。
お二人とも高騰するはるか昔に購入されている。
やはり昔はいい時代だったのだと思い知らされた。

残念ながら、開店して数時間、誰もIn Actionに手をつけなかった。

それで、肝心の狙っていたHoward Mcgheeの盤は、何とか入手できた。
思ったより状態も良くかなり満足した。
一度手放したのだが、Phineas Newbornのピアノが聴きたくなり、
また狙っていた。

それから関内まで行き、何枚か残っていた盤を漁っていたら、
MobleyのSAVOY盤が出てきた。
状態もかなり良く、ジャケも綺麗だったので入手した。

という訳で、長年セールに足を運んでいると、
色んな事がありますね。
今回は小生が乗った電車が人身事故を起こし、
目的地に着かないというハプニングが有りましたが、
年に1,2回しか会わないコレクターの方々ともお話ができて、
思いがけない良い盤も入手できて、
結果的には満足のいく結果になりました。

あとは年末まで、打ち止めですね。
ではまた。
nice!(18)  コメント(4) 

連休 [廃盤セール]

都内レコードショップのセールで始まったゴールデンウィーク。
雨と寒さの中、セールに並んだ。
今日は御茶ノ水、渋谷、吉祥寺、関内、大阪で
結構良い盤が出ていた。

F6197F53-2E94-4716-A4A1-9C12B1D01177.jpeg

今回、BLUE NOTEで欲しいのはなかったので、御茶ノ水に並んだ。
御茶ノ水はヨーロッパ盤特集だった。
めぼしい盤があったので、ちょっと張り切って並んだのは良いが、
メチャクチャ寒い。冬用のを持って行ったのだが、それでも寒かった。
雨の中を数時間待ったのは何年振りか。
そんな甲斐もあり、欲しかった盤は入手できた。
改めて、出品リストを見てみると、やはりBLUE NOTEは売れている。
最近は1500番台だけではなく、4000番台、4100番台、
それにMONOだけではなくSTEREOにも高額の波が押し寄せているらしい。
昨今のアナログブームも影響しているかもしれない。
それでもこれだけ売れるのだからなあ。誰が買ってるんだろうか。
以前買い損ねた盤はここ数年でどんどん高騰し、
なかなか手を出せなくなってしまった。
これでもかなり集めたほうだと思うが。
あとは団塊世代の方々が終活でちらほら出してくれるようになれば、
少しは落ち着いてくるかもしれないが。
まあまだ先のこと。
と言うわけで、久々のセールは疲れました。
今回は帰省しないし、まだまだセールは続くし、JAZZ三昧の日々を送ろうかと。

写真は今回のセールとは関係ない、zootとhans kollerの盤。
youtubeに音源なかったので挙げてないが、なかなか良い。
nice!(19)  コメント(4) 

Jerome Richardsonの盤 [廃盤セール]

Jerome Richardsonの盤。
アルバムがまだ売れ残っているので、明日行けたらGetしてみても良いかなと。



最近、Richard Wyandsのピアノが好きですね。

nice!(4)  コメント(2) 

年末廃盤セール [廃盤セール]

今年最後の廃盤セール。
始発を逃して到着したら5番手だった。
今年一年の締めくくりとして、
それでも欲しい盤をGetできた。

L1046652.jpg

今シーズンは、マイナー盤が多いが、なかなか手に入らない盤も
Getできてまずまずであった。
bennie greenのhornful of soulのベツレヘム盤に
john handyのイン・ザ・ヴァーナキュラーのROULETTE盤は、
なかなか見ないので嬉しい。
zoot simsのSAX appealは、いわゆるARGOオリジナルのPHILIPS盤。
これがなかなか音が良い。
盤は厚みがありしっかりしている。
オリジナルの1/5の価格で入手できるのでお勧め。
gerry mulliganのnight lightsはMONOをGetできた。
いわゆるオリジナル盤。
sonny stittのtune-Up!もオリジナルをGetできた。

というわけで、今年もアナログにどっぷりの年で良い年でした。
皆さんお世話になりました。
良いお年をお迎えください。

nice!(4)  コメント(2) 

今年の締めくくり [廃盤セール]

今日は4時半に目が覚めた。
まだ寝ときたい気もしたが、起き上がっておもむろに着替えを済ませる。
そして始発電車に乗り込んだ。
iphoneをポケットから取り出し、音楽を掛ける。
選曲したのは、diamond fiveのbrilliant。
Johnny's birthdayの軽快かつスリリングなハードバップが流れてくる。
そう言えば、このレコードを買うのに2時半頃から並んだこともあったな。

それから、本日の廃盤セールの出品リストを眺めながら狙いを絞る。
そうこうしていると、あっという間に新宿。
誰かいるかと、恐る恐るお店に向かった。
なんと既に5人ほど並んでいるではないか。
徹夜の方もいらっしゃった。
やはり侮ってはいけない。
まあ、今回は欲しい盤が壁に掛かっている可能性が低いので、
まだまだGetできる可能性はあったのだけれど、少し心配になった。

RIMG0033.jpg

レコードやオーディオについて話しながら整理券配布まで待つ。
今回はHOWARD RILEYの盤についての話題でしきりだった。
Freeっぽいみたいで、自分とは全く縁のない盤であるが、
なにせ99枚しかプレスがないと噂される正に幻中の幻だそうである。

あとはPaul Gonsalvesの盤。
こちらも音が良くて演奏も良い幻の盤なので人気が高いようである。
自分も運良く数年前に入手できた。

寒い中待つのは、初めの1時間はあっという間なのだが、その後が長い。身体の芯まで冷えてくる。登山用の靴下を履いていたが、爪先が痛くなるのが分かる。
朝8時頃は最悪で、今日は天気が良かった分、特に冷え込みが厳しく、皆んな凍えていた。

しかし、思ったより早く整理券を配布して貰えたので良かった。店員さんには感謝である。
あと1時間は待てないほどの厳しい寒さであった。

更に2時間ほど待って、いよいよ開店。
今回は、PACIFIC JAZZのを何枚かとCOUTIS COUNCEの盤を狙おうかと思っていたのであるが、
何とか全てを掴む事ができた。
懐具合や欲しい順、状態などを考慮し厳選。

今日は新宿と御茶ノ水それぞれ30人ほど並んだようである。
我々が御茶ノ水に行ったときには、お目当の盤は既に売れていた。
その後吉祥寺を回って帰った。

という訳で、今日3枚に加え年末スケジュール中にGetできた盤たち。
並んで盤を手に入れる事ができることは本当に幸せである。
この当たり前に感謝しつつ、大事に聴き込みたい。
また、これからも少しずつお気に入りの盤を増やしてゆきたい。
それでは、皆さん良いお年を。

ジャズ高音質レコードセール [廃盤セール]

澤野工房からリリースされた盤が結構ある。
http://www.jazz-sawano.com/index2.php?cate=LP

この中でオリジナルじゃなくても、澤野工房のレコードならOKという盤がある。
オリジナルが出るまで何年も聴けずに過ごすのは耐えられないし。

今日は、ジャズ高音質レコードセールで、
Michael Naura の EUROPEAN JAZZ SOUNDSをGetした。

これは、オーディオのオフ会で教えて頂いたもの。
欧州JAZZのことは全く分からないが、
こういう盤を聴くと欧州もなかなか良いなと思ってしまう。
1962年にTUBBY HAYESが録音しているDOWN IN THE VILLAGE。
こちらのMichael Naura(1963年録音)の演奏もなかなか良い。



これからも欧州JAZZの中でもUSハードバップに近く、
気に入る盤を探してゆきたい。

欧州JAZZ廃盤セール [廃盤セール]

今日は、朝から気合を入れて廃盤セールに向かった。
目当ての盤があったのだが、実際に手に取ってみてがっかり。

img201511_430.jpg

ジャケがいまいち。角が落ちていたりシールを貼られていたり。
まあ、また出てくる盤だからとここは潔くあきらめた。
しかし、その後すぐに売れていたので、やはり人気の盤はすぐ売れるのだなと納得。
また来週、大晦日と続くので、これらを楽しみにしておこうかと。

欧州JAZZ廃盤セール [廃盤セール]

今日は欧州JAZZの廃盤セール。
新宿の開店には間に合いませんでしたが、10人ほど並んだようです。
私が行った頃には店内には25人ほどいました。

L1043990-3.jpg

CHET BAKER QUARTETが気になっていましたが、直ぐに売れたようです。
その他、名の知れた盤が結構安値だったようで、やはり売れてるようですね。
吉祥寺はUS廃盤。こちらにも欲しい盤があったのですが、やはり売れてました。
というわけで収穫なしですが、来週以降も欲しい盤があるので、
気合入れて並んでみようかと思っております。

廃盤レコードセール [廃盤セール]

今週末も廃盤セールに並んだ。
始発で行ったけれど2番手だった。
11月というのに相当寒く、厳しい中を懸命に待つ。
結局整理券配布時に並んだのは10人弱で、
開店時はおおよそ30人ほどが並んだ。
値段はかなり高めの設定になっていたように思う。
まあ、年末年始にかけて安くなったりするので、このあたりを計算した設定なのだろうけれど。

img201511_439.jpg

とはいえ、欲しい盤が出てきたらどうしても手が出てしまう始末。
というわけで、Red Rodney 1957をGetしたのであった。
先輩方も仰っていたが、特にジャケットの状態が悪いのが殆どで、
昔からジャケットの良いのは見ないという声が殆ど。
当方も、何度もつかんでは見送っていた盤。
今回背割れが見受けられたけれど、それでも過去に出たものに比べてとても綺麗だった。
盤もB+と良い状態だったので、手に入れることにしたのであった。
めちゃくた高かったが...

PS:セールに並んで欲しい盤をGetできる環境にホント感謝。
あとは頑張って働くだけだね。

怒涛の廃盤セール [廃盤セール]

これから怒涛の廃盤セールが始まる。
今日は、最初というか、状態はイマイチだが海外から買い付けたオリジナル盤などの
セールがおこなわれた。

DSC_0928.jpg

新宿では10人ほどが並び、気になっていたQuiet KennyはNew York Sceneは直ぐに売れたようだ。
ともに相場の1/3ほどの値段だったみたい。
New York Sceneは、状態の良いものを探しているが、
手ごろな値段ではなかなか出てこないね。

前の10件 | - 廃盤セール ブログトップ