So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

STAN GETZ Interpretations #2 [1954年]

しかし、暑い。
こんな日は、家にこもってJAZZ三昧。
アナログのセッティングの調子も良いので、
今のうちに沢山聴いておきたいところ。

RIMG0177.jpg

Norgranレコードから出ている3枚のうちの2枚目。
Minor Bluesのゆっくりした感じが好きだな。
この気怠さが良い。
Bob BrookmeyerとGetzの掛け合いがなんとも良い。
I Didn't Know What Time It Wasとか、良い曲もやってる。

こんな生演奏をやっているなら、毎日聴きに行ってるかもしれない。
それができない今の時代には、アナログでチャレンジするしかない。
オリジナルに拘ってるのは、こんな思いから。
生演奏に行くことを考えると、オリジナルを一枚買ったほうが良いと思ってしまう。
やはり、オリジナルで聴くと音楽のノリが良いというか、
場の雰囲気も出ていて、タイムスリップしたような感じがするのは、
気のせいでしょうか。まあ、気のせいでしょうね。

A-1:Fascinatin' Rhythm
A-2:Minor Blues
B-1:I Didn't Know What Time It Was
B-2:Tangerine

Bass – Teddy Kotick
Drums – Frank Isola
Piano – John Williamson
Tenor Saxophone – Stan Getz
Trombone – Bob Brookmeyer
1954年

nice!(12)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

Zoot Sims in Hollywood [1954年]

明日から夏休み。JAZZ三昧ですな。

RIMG0175.jpg

早速、NEW JAZZのこの盤を。
ちょっと風邪ひいてるが。
アメリカ西海岸で行われたセッションを記録した10inch盤。

What's New!痺れるねえ。ドリューのピアノも効きごたえありますな。
スチュ・ウイリアムソンのペットが染み入りますな。

1.Howdy Podner
2.Indian Summer
3.Toot No.2
4.What's New

1954年6月16日

メンバーは、下記の通り。
スチュ・ウイリアムソン(トランペット)
ケニー・ドリュー(ピアノ)
ラルフ・ペナ(ベース)
ジミー・プラット(ドラムス)

nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:芸能

Jon Eardley In Hollywood [1954年]

今日は台風。
サウンド交流会を楽しみにしていたのだが、延期となってしまった。
こんな日は、家にこもってJAZZ三昧。
Indian Springが泣ける。聴かせるねえ。

RIMG0172.jpg



1 Late Leader
2 Indian Spring
3 Black
4 Gloss
Jon Eardley (tp), Pete Jolly [as Pete Cera] (p), Red Mitchell (b), Larry Bunker (d)
RECORDED at Radio Recorders, Hollywood, December 15, 1954

10Inchの原盤は、なかなか状態が良いのが少ない。
気長に探すのが良さそう。

nice!(15)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

BILL PERKINS / Blow In Paris Vol.1 [1954年]

BILL PERKINやHENRI RENAUDが1954年にパリで演奏したときのもの。
レコード屋でたまたま見つけて、BILL PERKINSが
やっていたので、興味が湧いた盤。
BILL PERKINSがやっている盤って、結構少ないので、
貴重な一枚かもしれません。
HENRI RENAUDと言えば、Jon Eardley、Zoot Simsとやった、
Ducretet Thomsonの盤が有名ですね。

RIMG0170.jpg

A面2曲目とB面2曲目のCy Touffのバラードは、
Bass Trumpetで聴かせてくれます。
Bass Trumpetって、珍しいですね。Tromboneのような感じです。

この盤は、Vol,1というとおり、Vol.2もあるのですが、
こちらもなかなか出てこない盤のようです。
2015年に一度出たみたいですけど。
それ以降出てないみたいですね。
nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽